トップページへ

支部・研究会の紹介

 特定非営利活動法人産学連携学会は、定款第3条に定めた目的を達成するために、事業の一環として、会員による「支部」および「研究会」の活動を推進しています。

<支部>
 「支部」は、ある地域における産学連携活動に関して、その地区が共有する課題、テーマについて、研究及び事例交換活動を行うとともに、その地区内での会員間の情報交流を深めることを目的としています。

<研究会>
 「研究会」は、産学連携に関する重点的な課題、研究テーマを選定し、そのテーマに関する研究及び事例交換活動を行うとともに、会員間の情報交流を深めることを目的としています。

<支部や研究会の申請,各種手続きについて>
 研究会を設置する場合や、支部や研究会を運営するに当たっての手続きなどについては、下記をご覧ください。
  マニュアルや規定,各種様式など


【活動中の支部の一覧】
支部名 活動概要 代表者
北海道支部 北海道支部では、北海道内の各大学、エリア等で活動している産学連携従事者間の連携強化、情報の共有化、コーディネート・知的財産に関するスキルの向上を目的として、認定講習会や研修会を開催し、地域社会への貢献と、コーディネータの社会的地位の向上を目指すものである。 北海道大学
荒磯 恒久
東北・北関東支部 所管する地域における産学連携活動に関する共通の課題やテーマについて、研究及び事例報告活動などを行うとともに、会員相互の情報交換を促進し、広く交流を深める。 群馬大学
伊藤 正実
関西・中四国支部
(支部のHPはこちら)
関西,中国,四国地方での産学連携活動に関して、地域が共有する課題を解決し産学連携を促進することを目的に、産学連携の事例や研究成果について情報交換を行い、かつ、地域内の会員の交流を深めることを主眼とした活動を行っている。 愛媛大学
秋丸 国広
九州支部 九州支部では、支部特有の課題を取り上げ、支部会員の間で議論する。まず、課題の1つとして金融機関との連携協定および市町村との連携協定の有効な活用・発展を取り上げる。支部会員で議論した結果は、メールニュース及び学会等で報告する。なお、支部会員の会費は徴収しない。また、会員外のオブザーバー参加も歓迎する。 佐賀大学
佐藤 三郎


【活動中の研究会の一覧】
研究会名 活動概要 代表者
学金連携システム
研究会
(HPはこちら)
地域の産学連携を推進するプレーヤーとして金融機関の存在が注目されている。本研究会では、大学と金融機関との連携について各地の活動事例を集約し、現状分析、モデル化ならびに双方の本体業務にメリットをもたらすためのシステム論化の検討を通じて、より効果的な推進に貢献する。 東京海洋大学
川名 優孝
TR研究会(休止中) 医療イノベーションの推進は産学連携においても昨今の大きなテーマになっている。大学の医学系シーズ(特に治療に係るもの)の技術移転では、ヒトにおける有効性の実証の有無が大きな鍵になる。しかしこれを示すためには患者や医師・病院を巻き込んだ臨床研究が必要となるため困難性を伴う。当研究会では、薬事対応手段も含め、このハードルを産学連携の枠組みの中でどのように乗り越えていくかにつき検討を行う。 札幌医科大学
石埜 正穂
オープンイノベーション研究会 オープンイノベーションに取り組む/興味を持つ企業(大、中小、ベンチャー)、大学、独法、金融機関等が集まり、各機関のオープンイノベーションへの取り組み状況(ベストプラクティス、顕在化してきた課題とそれらへの対策)、オープンイノベーション支援システム、政府の動き等の紹介を通じて、オープンイノベーションの有効な活用法や我が国のオープンイノベーションのあるべき姿等をディスカッションする場とする。 東レ株式会社
尾関 雄治
リサーチ・アドミニストレーション研究会 産学連携学会リサーチ・アドミニストレーション研究会は、大学の研究支援、推進、機能に関して現場レベルで議論する場として今年度発足した。産学官連携活動においては、その支援内容も多種多様であり、従来対応業務の中で既にRA機能を重点に活動している実務者も多い。大学の研究力向上および社会貢献を生みだすツールの一つである産学官連携において、RAは非常に重要な領域である。本研究会は、その取組み内容や手法などについて、年数回程度、現場の当事者らが同じ目線で議論し、研究を深めることを目的としている。 岐阜大学
馬場 大輔

支部,研究会の詳しい一覧は、こちらをご覧ください。


   お問い合わせ先

    【本部事務局】
      〒182-0024 東京都調布市布田2-50-2コーポ栄101
      潟Lャンパスクリエイト調布ブランチ内
      産学連携学会・本部事務局
      FAX:042-441-1809  E-mail:j-sangaku@j-sip.org


トップページへ