―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第712号 <2016.8.12>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――
★★産学連携イベントのお知らせ★★

 山口大学知財教育FDセミナー「知的財産授業をデザインする」(9/9)
                          
                            山口大学
―――――――――――――――――――――――――――――――――
【日時】平成28年9月9日(金)13:00〜16:50
【場所】キャンパス・イノベーションセンター東京
   (東京都港区芝浦3-3-6)

【内容】
@13:00〜14:00 「AI(人工知能)による創作物のゆくえ」
 木村友久(山口大学大学研究推進機構知的財産センター副センター長)
AI創作物の権利関係を扱う課題解決型授業において、ジクソー法を取り
入れて指導時間の合理化と学習者の理解を深めた実践例を紹介します。

A14:10〜16:50 「知識構成型ジクソ―法を用いた
            知的財産授業デザインワークショップ」
 小川勤(山口大学大学教育機構大学教育センター教授)
 木村友久(山口大学大学研究推進機構知的財産センター副センター長)
アクティブ・ラーニングの一つの手法であるジクソ―法を用いて与えられ
た課題を楽しみながら解決していく方法をワークショップを通して身につ
けましょう。情報検索をするために、スマートフォンやタブレット端末を
お持ちの方はご持参ください(持参ない場合も参加に支障はありません)。

---以下、Aと同時刻に開催---

B14:10〜15:10 「ものづくり系知的財産授業のデザイン」
 李鎔m(山口大学大学研究推進機構知的財産センター准教授)
山口大学の「ものづくりと知的財産」の授業で使っている教材を用いて
演習を行い、ものづくり系の知的財産授業のデザインについて考えます。

C15:20〜16:20 「農業と知財授業 〜地域創成を担う人材を育成する〜」
 陳内秀樹(山口大学大学研究推進機構知的財産センター特命准教授)
地域産業での知財活用事例を基にしたアイデア発想やケーススタディで
の授業展開を体験し、知財教育のデザインについて考えます。

※HPからも詳細情報をご覧いただけます。
 http://kenkyu.yamaguchi-u.ac.jp/chizai/?p=2146

【申し込み方法】
上記の研修内容から受講したい研修番号と所属・氏名・電話番号・E-mail
を記載してEmailまたはFaxにて以下のところまで申し込みください。
なお、Aは、BおよびCと同時刻に開催のため、同時選択はできませんの
で申し込む際にご注意ください。

【申込み締切】平成28年9月2日(金)必着
※当日受付もしておりますが、準備の関係上、可能な限り事前にお申込み
頂けますようお願いいたします。

【お問合せ・お申込み先】
山口大学 大学研究推進機構知的財産センター
E-mail:ip_fdsd*yamaguchi-u.ac.jp(*を@に変更してください。)
TEL : 0836-85-9942 FAX : 0836-85-9941
                               以上