―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第709号 <2016.8.5>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 ★国立大学法人東北大学 産学連携機構 
リサーチ・アドミニストレーター(URA)の公募について★
  http://www.rpip.tohoku.ac.jp/
―――――――――――――――――――――――――――――――――
国立大学法人東北大学 産学連携機構 
リサーチ・アドミニストレーター(URA)の公募について

○募集人員   1名

○所    属   国立大学法人東北大学 産学連携機構

○職    種   特任講師又は特任助教

○職務内容
産学連携機構企画室における以下に掲げる業務
・研究、事業化支援に関する産学連携の企画・運営
・研究費配分機関等との連絡調整及び情報収集
・国内外の大学における産学連携を伴う研究の調査・分析
・国内外の企業の事業及び知的財産の調査・分析
・国内外施策の調査・分析
・産学連携活動の発信・広報(シンポジウム等の企画・開催・運営の支援等)
・その他上記に関連して必要となる業務

○応募資格
・博士号(又は技術士、弁理士)又は同等の知識及び経験を有し、且つ、企
業での業務経験又は大学での産学連携に関わる業務経験を有する者
・業務遂行に必要で職務に相応しい文書力、語学力、交渉力、プレゼンテー
ション能力等を有する者
・日本語で業務ができることに加えて、英語による文書作成・連絡等を行う
ことが可能な者
・業務遂行に必要な調整能力、協調性等を有する者
・産業技術や学術の動向、産学連携に高い関心があり、大学の研究支援を通
じた社会貢献に携わる意欲がある者。
・企画室業務に専従専念し、キャリアアップへの意欲を有する者
※東北大学は男女共同参画の推進に取り組んでいます。女性の積極的な応募
を期待します。

○勤務地
 〒980−8577 仙台市青葉区片平二丁目1番1号

○採用年月日
 平成28年10月1日以降の出来るだけ早い時期(応相談)

○任   期
 1年更新、最大3年(雇用期間満了後、審査を経て更新の可能性有り)
 ※採用日から6ヶ月間は試用期間となります

○給与等の待遇
 給  与:国立大学法人東北大学給与規程に基づき、学歴、職歴等により決定
 諸 手 当:通勤手当ほか
 社会保険:共済年金、共済保険、雇用保険、労災保険

○勤務時間等
 @ 勤務時間:始業8時30分、終業17時15分
 A 休  日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)
 B 休  暇:年次有給休暇、病気休暇、特別休暇(リフレッシュ休暇など)

○提出書類
 @ 履歴書(市販の履歴書、写真貼付)     
 A 研究実績及び業務実績の一覧 
 B 大学における産学連携業務実績の概要書(A4判1枚程度)   
 C 企業における業務実績の概要書(A4判1枚程度)   
 D URA業務に関する抱負(A4判1枚程度) 
 E 照会可能者2名の氏名と連絡先       

○書類提出先
 〒980-8577 仙台市青葉区片平二丁目1番1号
 東北大学研究推進部産学連携課 高橋 勝
 ※封筒に「URA選考応募書類在中」と朱書きし、配達記録又は宅配便等、
配達の記録の残る方法で送付してください。なお、応募書類は返却いたしま
せん。

○提出期限
 平成28年8月29日(月)(必着)

○選考方法
 提出期限終了後、書類選考と面接により選考します。

○問い合わせ先
 東北大学研究推進部 産学連携課 高橋 勝
 Tel:022-217-5907
 E-mail:masaru.takahashi.d3@tohoku.ac.jp
 ※できるだけメールでの問い合わせをお願いします。

○その他
 ・産学連携機構企画室におけるURA業務に専従専念(100%エフォー
ト)していただきます。産学連携機構の概要等については、下記URLをご
覧ください。
  http://www.rpip.tohoku.ac.jp/
 ・東北大学は、男女共同参画を積極的に推進しています。子育て支援の詳
細等、男女共同参画の取り組みについては下記URLをご覧ください。
  http://www.bureau.tohoku.ac.jp/danjyo/
 ・研究推進本部の体制については、下記のURLをご覧ください。
  http://www.bureau.tohoku.ac.jp/kenkyo/suisinhonbu/
                                以上