―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第684号 <2016.5.2>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 ★★特任教員 募集のご案内★★
 北海道大学 産学・地域協働推進機構 特任教員 募集のご案内
―――――――――――――――――――――――――――――――――
このたび,当機構では更なる機能強化を図るため,下記の要領で特任教員を
募集することとなりました。
つきましては,関係各位にご周知くださいますようお願い申し上げます。

                   記

1.募集人員:1名
2.職   種:特任教員
3.職   名:特任准教授(産学推進本部 副部門長格)
4.応募資格:次の全ての要件を満たす方
 (1)産学連携の推進に関して必要かつ広範な知識を有し、専門分野を問
わず修士以上の学位を有する方または同等の能力を有する方。
 (2)大学の研究成果を技術移転する企業・機関で10年以上の実務経験
を有し、国内外の企業へのライセンス実績を有する方。特に、ライ
フサイエンス領域に関し、技術移転の専門的な知見を有し、実績を
有する方。
 (3)大学発ベンチャーに対し、経営的な側面から支援する能力がある方。
 (4)海外企業との技術移転交渉に必要な英語力を有する方。
 (5)知的財産に関する専門的かつ実践的な知見を有する方。
 (6)経済学や経営学等人文社会科学系の実践的な知識を有し、文理融合
型の産学連携を企画及び推進する能力がある方。特に専門機関での
研修及び実務経験が有る方が望ましい。
5.採用時期:平成28年9月1日以降速やかに
6.勤務形態:常勤(裁量労働制適用)
7.給 与 等:国立大学法人北海道大学特任教員就業規則及び特任教員等
年俸表(国立大学法人北海道大学年俸制の適用に関する内規)
等による。
8.任  期:採用日から平成29年3月31日まで
       勤務実績を評価し,北大雇用の通算が最大10年まで更新す
る場合があり得る。
          (※ただし,65才を上限とする)
9.職務内容:産学連携活動の推進に関する次の業務における企画及び推進
 (1)社会実装を目指した組織型協働の企画及び推進
 (2)ライフサイエンス分野の研究成果の国内外の企業への技術移転
 (3)ライフサイエンス分野の国内外のニーズ発掘
 (4)大学発ベンチャー支援
 (5)産学協働部門の統括補佐
10.応募書類:
 (1)履歴書(A4 写真貼付)
 (2)職務経歴書(A4 書式自由)
 (3)業績目録(A4 書式自由)
 (4)産学官連携にかかわる実績(A4 書式自由)
 (5)北海道大学における産学官連携推進に関する抱負(A4 2000字以内)
【書類提出先】
〒001-0021
札幌市北区北21西11 北キャンパス総合研究棟3号館1階
北海道大学 研究推進部 産学連携課 産学・地域協働推進機構担当 宛
※封筒の表面に「特任教員公募関係」と朱書し郵送又は持参
11.応募期限:平成28年5月31日(火)必着
12.選考方法:書類選考(第1次)及び面接(第2次 ※第1次で選考された方)
13.連 絡 先:北海道大学 研究推進部産学連携課
産学・地域協働推進機構担当 
   TEL: 011−706−9196 E-mail: chizai@research.hokudai.ac.jp
14.そ の 他:応募書類による個人情報は,選考にのみ利用し,選考終了
後は選考された方を除き責任を持って破棄しますので,返
却いたしません。
15.本件URL: http://www.mcip.hokudai.ac.jp/cms/cgi-bin/index.pl
                                以上