―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第682号 <2016.4.27>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――
    ★★産学連携イベントのお知らせ★★

若手会員向け!
第3回産学連携学会リサーチアドミニストレーション研究会を開催します

開催日時:平成28年6月15日(水)15:00〜17:00
開催場所:アクトシティ浜松研修交流センター5階 501室
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆ 第3回産学連携学会リサーチアドミニストレーション(RA)研究会 ◆

1.開催趣旨
 平成27年4月に発足した産学連携学会リサーチアドミニストレーション
研究会(以下RA研究会)の第3回研究会を開催します。

今回は、産学連携学会会員を対象としたクローズド形式で、「現場で抱える
課題を議論する会(2)」とします。

URAや産学連携に従事する現場の実務者は、幅広い業務範囲の中においてそ
れぞれ多種多様な課題を抱えているかと思います。これに対し、広く研究支
援業務に携わる実務者間で課題や情報を共有することは、次に繋がる貴重な
機会となるはずです。実際の現場で何に困っているのか、何を情報共有する
ことで解決の糸口となるのか。そんな悩みを自由に議論できる場を提供した
いと考えております。

当学会の特に若手のみなさんが集い、交流できる場として、様々なご意見を
忌憚なくご議論いただける場となることを期待しています。
学会開催日前日ですので、是非お気軽にご参加ください。


2.開催日時
  平成28年6月15日(水)15:00〜17:00

3.開催場所
  アクトシティ浜松研修交流センター5階 501室
http://www.actcity.jp/floor/seminar/

4.内容
  第2回研究会テーマ「現場で抱える課題を議論する会(2)」

  15:00〜開会、趣旨説明
  15:05〜16:00 情報共有(自己紹介+課題の提案)
  16:00〜16:50 意見交換
  16:50〜17:00 まとめ
  18:00〜 交流会

5.対象および参加費
  今回は、学会員のみご参加いただけます(無料)。
  非会員の方は申し訳ございませんが、ご参加いただけません。
  ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

6.申込締切
  平成28年6月6日(月)必着

7.交流会について
  会場付近の飲み屋を予定しております。
  会費は、¥4000前後(参加人数次第)です。

8.参加申込および交流会参加の問い合わせ先
  メールタイトルに「6/15参加申込」と明記の上、メール本文に【参加者
氏名、ご所属、役職、年齢、学会会員番号、連絡先(E-mail)、交流会
  参加・不参加】をご記入いただき、必ずE-mailにてご連絡ください。

 E-mail: ra-sangaku@j-sip.org (RA研究会専用アドレス)

 受付受理についてご連絡いたします。
 その他、お問い合わせ、RA研究会への加入希望等ございましたら、同アド
レスにご連絡をお願いいたします。

  代 表 馬場大輔(岐阜大学)
  発起人 伊藤正実(群馬大学)
      原田 隆(東京工業大学)
      内島典子(北見工業大学)
      伊藤慎一(秋田大学)
                             以上