―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第665号 <2016.2.24>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 ★★産学連携イベントのお知らせ★★

産学連携学会九州支部主催
【産学連携懇談会・産学連携ネットワーク会議】開催のご案内
 日時:2016年3月16日(水) 10:00〜14:30
http://j-sip.org/
―――――――――――――――――――――――――――――――――
【ご挨拶】
 産学連携学会九州支部では、毎年1度、大学持ち回りで講演会を開催して
きました。
昨年は機会を逸して開催できませんでしたが、本年度は熊本大学の緒方先生
にお願いし「産学連携懇談会・産学連携ネットワーク会議」を開催すること
になりました。
 九州支部会員の皆様は元より、関東・東北・北海道の皆様も暖かい九州に
お越し頂き、「デジタルネットワーク社会の産学連携」についてご議論頂け
ると幸いです。


◆日時:2016年3月16日(水) 10:00〜14:30

◆会場:熊本大学 南キャンパス イノベーション推進機構会議室
http://www.kumamoto-u.ac.jp/campusjouhou/map_kurokami_2 
                  (25番共用棟黒髪1の建物の3階)

◆スケジュール

10:00 支部長挨拶  佐賀大学 産学・地域連携機構 教授 佐藤三郎

10:10 主旨説明   熊本大学 イノベーション推進機構 准教授 緒方智成

10:20-12:00  特別講演 講師: 千寿知財企画 代表 前田裕司 様

 演題「デジタルネットワーク社会の産学連携におけるURA・
    コーディネーターの役割」

 概要:「デジタルネットワーク社会はIoTやCPS(Cyber・Physical・
System)、BD、AI等により急激に変遷、変革しており、社会や産業の構造が
変わりつつある。イノベーションは技術革新と技術を基礎として・・という
考え方の人が多いと考えられるが、ユーザーイノベーションという視座も重
要で、また研究成果を製品化に結びつけるときに一つの科学技術のみでは難
しくなっており他業種、他分野の人との連携が必須になってくる。
そういう意味でURAやコーディネーターは、益々重要な働きが期待される。
また技術移転等の実務上の基本的な考え方(三方よし)についても私見を述
べる。

12:00-13:00   昼食休憩

13:00-14:30   質疑応答およびパネル討論

 討論テーマ  「地方創生における産学連携の役割と期待」

 コーディネーター  熊本大学 イノベーション推進機構 緒方智成

 パネラー
    千寿知財企画 代表 前田裕司 様
    ニッコー・ネット代表取締役 古川淳一 
    長崎県産業振興財団 コーディネーター 大石博海 
    佐賀大学 産学・地域連携機構 副機構長・教授 佐藤三郎 
    熊本大学 くまもと地方産業創造センター コーディネーター 池崎健介 様

14:30 終了挨拶 産学連携学会 九州支部長 佐藤三郎
              (学会関係者の敬称を略させて頂きました。)

◎問い合わせ先・参加申込み先
  緒方 智成 准教授 博士(工学)
  熊本大学 イノベーション推進機構  産学官地域連携部門
  Phone 096-342-3967, FAX 096-342-3239
  t_ogata@kumamoto-u.ac.jp
  
                                 交流会のご案内
 前泊でお越し予定の方は佐藤三郎<1952sato@cc.saga-u.ac.jp>までお知らせ下さい。
 熊本の夜を楽しみましょう。
                                以上