―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第660号 <2016.1.29>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――
産学連携学会北海道支部セミナー
地域を育てる「食と健康」イノベーション 〜高知と青森の戦略〜
(HoPE 2016年2月例会と合同開催)
http://j-sip.org/
――――――――――――――――――――――――――――――――――
産学連携学会の皆様へ
産学連携学会北海道支部セミナーを以下のように企画いたしました。
多くの皆様の参加をお待ちしております。

「食と健康」は北海道の課題であると同時に日本全国の課題であり、さらに
シリコンバレーなど世界のビジネスが、これからの成長分野として注目する
分野です。今回のセミナーでは、我が国での多く取り組みの中から高知県と
青森県の事例を紹介していただき、北海道が豊かになる指針を探ります。

日時:2016年2月23日(火曜日)
第1部(講演会):18:00-19:30
第2部(交流会):19:40-20:30
会場:北海道総合研究プラザ(1F) セミナー室
会費:セミナー;無料、交流会;1000円
≪プログラム≫
18:00-18:10 開会と挨拶
18:10-18:50 講演1.(講演30分、質問10分)
     「食品の健康増進効果の検証は安く、速くできる!」
     石塚悟史氏 高知大学地域連携推進センター副センター長
            産学官民連携推進部門長准教授
18:50-19:30 講演2.(講演30分、質問10分)
     「“寿命革命”で実現する短命県返上社会のフューチャーデザイン
       〜弘前COI拠点が創る『健康シンギュラリティー2022』〜」
      山ア淳一郎氏 弘前大学研究推進部長
19:40-20:30 交流会(会費:1000円)

≪問い合わせ・申し込み先≫
産学連携学会北海道支部
chiiki-nnovation@mcip.hokudai.ac.jp
Tel : 011-706-7304 Fax : 011-706-9550
ご氏名、ご所属、連絡先を添えて2月19日までにお申し込みください。
(担当:北海道大学地域・産学共同推進機構 荒磯)
                                以上