―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第648号 <2015.12.25>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 ★★産学連携イベントのお知らせ★★

 【産学・地域連携シンポジウムのご案内
―地域連携の多面性とその条件を探る−】開催のご案内
  主催:産学連携学会東北/北関東支部 
  共催:宇都宮大学地域共生研究開発センター
―――――――――――――――――――――――――――――――――
まち・ひと・しごと創生法の施行を受け、H27年度より各自治体での「地方
創生」への取り組みが一段と慌しくなってきた。様々なアイデアが求められ、
このような状況は、産学官連携プロジェクトを数多く生み出す好機と考えら
れます。
本シンポジウムでは、栃木県那珂川町における産学官連携事例である『温泉
トラフグ養殖事業』を題材に、「研究開発の視点」および「企業からの視点」
の双方から成功の条件を探り、地方自治体/民間企業/大学の連携の在り方
について考え、更に、地域連携プロジェクトにおける大学および研究支援の
役割りについても議論します。奮ってご参加下さい。

開催日:2月4日(木) 14:30〜17:20
場 所:宇都宮大学峰キャンパス UUプラザ2F コミュニティフロア
参加料:無料

プログラム
14:30 支部長挨拶:群馬大学 伊藤正実 教授
    宇都宮大学地域デザイン科学部長予定者挨拶: 塚本純 教授
    那珂川町長挨拶:福島泰夫 町長
14:45 『温泉トラフグ養殖事業』における産学連携事例:
      ‐海なし県栃木/那珂川町における挑戦‐
 1.温泉トラフグの研究開発:
      (研究開発の観点から) 宇都宮大学農学部 飯郷雅之 教授
 2.温泉トラフグ養殖事業がもたらした地域振興
      (企業の観点から)   夢創造且ミ長  野口勝明 氏
15:30 パネルディスカッション
 テーマ :地域連携の多面性と、その条件を探る
 モデレータ:宇都宮大学 農学部 原田准教授
 パネラー :福島町長、夢創造 野口氏、飯郷教授、伊藤(慎)特任講師

休 憩 :10分

16:50 地域連携プロジェクトにおけるURAの役割:
 秋田大学 伊藤慎一 特任講師/URA
17:10 産学連携学会長挨拶: 山形大学 小野浩幸 教授

閉会挨拶: 宇都宮大学 網屋毅之 教授

17:30 懇親会
    場所:宇都宮大学 大学会館2F 談話室
    参加料:2000円
対象者:
東北/北関東地域及びその他地域の産学連携学会会員、宇都宮大学教職員・
学生、自治体関係者、地域企業など、産学連携や地域連携活動に興味のある
会員以外の参加も歓迎します。

問い合わせ・申込み先
  宇都宮大学地域共生研究開発センター 網屋毅之/木村晃子
  電話:028-689-6318、6325  FAX:028-689-6320
  chiiki@miya.jm.utsunomiya-u.ac.jp

◎下記ご記入の上、FAXまたは
E-mail(chiiki@miya.jm.utsunomiya-u.ac.jp) にてご送付下さい。
ご氏名
                       所 属
住 所
メールアドレス
シンポジウムに   参加 ・ 不参加
交流会に      参加 ・ 不参加
(交流会参加費用2000円)

                                以上