―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第589号 <2015.9.9>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆国立大学法人東北大学 産学連携機構事業イノベーション本部
「特任准教授又は特任講師(事業化担当)」公募のお知らせ◆
―――――――――――――――――――――――――――――――――
○公募人員 2名(理工学系 1名、ライフ系 1名)

○所 属  国立大学法人東北大学 産学連携機構 事業イノベーション本部

○職 種  特任准教授又は特任講師(事業化担当)

○募集概要
 東北大学では、政府の官民イノベーションプログラムに基づき、
本学等の研究成果の事業化を推進し、社会への実装化を図っています。
この事業化を学内において推進する体制として、産学連携機構に
「事業イノベーション本部」を設置しています。
今回募集する特任教員は、研究成果の事業化に係る案件発掘、
事業化プロセスのマネジメント、事業化に必要な事業構想策定等、
案件関係教員等をサポートしつつ、中心的に担います。

○職務内容 
・事業化案件の学内調査・発掘
・担当案件に係る事業化プロセスの工程管理及び事業構想策定支援
・市場調査、技術トレンド調査等に関する企画・立案及び当該調査等の外部
委託管理

○応募資格
・企業等において事業開発、事業企画の実務経験が5年以上ある者
・大学院修士修了程度(理工、ライフ系に限る)の学歴を有する者
・コミュニケーション能力を有し、協調性のある者
※経営学修士(MBA)、中小企業診断士、技術士等、ベンチャーや企業の
経営・事業化支援実務に関係する学歴・資格を有していることが望ましい。

○勤務地  〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平2丁目1−1

○採用年月日   平成27年10月1日 以降のできるだけ早い時期

○任   期   平成30年3月31日まで

○給与等の待遇  国立大学法人東北大学給与規程に基づき学歴、職歴等に
より決定
         ※採用日から6ヶ月間は試用期間となります。

○勤務時間等 @1日の通常勤務時間:8:30〜17:15(7時間45分)
         A休日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
(12月29日〜1月3日)
         B休暇:年次有給休暇を付与、特別休暇(夏季など)

○提出書類  @履歴書 1通 写真添付
A職歴書(A4版。様式不問)
B「大学研究成果の事業化」、
「事業化にかかる市場開拓」に関する抱負
(A4版で1000字程度)

○書類提出先  国立大学法人東北大学 研究推進部産学連携課
(「親展」扱い)
        〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
        担当:産学連携係(高橋) TEL:022-217-5907 
        ※応募書類は返却致しませんのでご了承ください。

○提出期限  平成27年9月24日(木)書類必着

○選考方法  提出期限終了後、書類と面接により選考します。

○問合せ先  国立大学法人東北大学 研究推進部産学連携課 高橋 勝
       TEL:022-217-5907 
E-mail: masaru.takahashi.d3@tohoku.ac.jp 

※産学連携機構の組織、活動等については、下記のホームページをご覧くだ
さい。
URL  http://www.rpip.tohoku.ac.jp/
                               以上