―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第550号 <2015.3.10>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 ★★産学連携イベントのお知らせ★★
 筑波大学・文部科学省 主催 シンポジウム
【「あなたがつくばを変える〜イノベーション・エコシステム構築に
            向けて〜」(3月20日)】開催のご案内
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 シンポジウムにおいては、つくば地域の産学官金の連携活動をさらに促
進するとともに、質的に変化させ、大学・研究機関の優れた知的生産を核
とした自律的に発展可能なイノベーション・エコシステムを早急に構築す
るため、皆様方の率直なご意見を数多く賜りながら、意識の共有を図り、
具体的なプランなどを検討したいと思います。本シンポジウムは2月27
日の日刊工業新聞(27面)でも取り上げられ、イノベーション・エコシ
ステム構築のキープレーヤーである企業、投資機関の方々や、イノベーシ
ョン・エコシステム発展の牽引役となる産学官の若手・学生の方々にも、
つくば、そして日本全体のイノベーション・エコシステムの将来につい
て議論頂きたく、積極的なご参加をお願いいたします。

◆シンポジウム
「つくばにおけるイノベーション・エコシステム構築のあり方を考える」◆

○主催:筑波大学・文部科学省  

○日時:平成27年3月20日(金)13:00〜18:00

○場所:筑波大学情報メディアユニオン メディアホール
(つくばエクスプレス「つくば駅」から徒歩7分)

○参加費:無料(先着順、事前登録制)
http://tsukuba-gi.jp/20150320sympo-uketsuke/

**********************プログラム(予定)***********************

第1部 オープニング(13:00〜14:50)
1.開会挨拶
   文部科学省/経済産業省/筑波大学/つくばグローバル・イノベー
ション推進機構

2.特別基調講演
   ・(株)経営共創基盤(IGPI)パートナー・
取締役マネージングディレクター 斉藤 剛 
タイトル:「ヘビー・サイエンス領域の知識・技能集団に、産業
界・金融界が求めること」
  ・CYBERDYNE(株)代表取締役社長/CEO・筑波大学大学院システム情報
工学研究科教授・筑波大学サイバニクス研究センター
センター長 山海 嘉之
    タイトル:「つくばイノベーション・エコシステムに向けて〜実
体験からの提言〜」
  ・エーザイ(株)エーザイプロダクトクリエーションシステムズ 
   シニアサイエンティフィックアドバイザー 吉松 賢太郎
    タイトル:「つくばでの産官学連携を通じて、より良い薬を生み
出したい。そのために求めたいこと。」

第2部 つくばの今を見直す(15:05〜16:45)
  1)つくばをオープンな、組織横断的なプラットフォームとする取り
組みの進展と課題
    (独)産業技術総合研究所
  2)つくばの代表的プラットフォーム技術の現状とエコシステム基盤
として発展させるための課題
    (独)産業技術総合研究所/(独)物質・材料研究機構/筑波大
学/(独)農業・食品産業技術総合研究機構

第3部 つくばにイノベーション・エコシステムを構築するアプローチを
語る(17:00〜18:10)
・パネルディスカッション
パネリスト:富士通株式会社/Beyond Next Ventures株式会社/文
部科学省/経済産業省/(独)産業技術総合研究所/
筑波大学/(独)物質・材料研究機構/(独)農業・
食品産業技術総合研究機構

レセプション(18:20〜19:20)
春日エリア春日福利厚生棟1F食堂(情報メディアユニオンより200m)

●詳細な研修案内・参加申込書等はこちら
 http://tsukuba-gi.jp/20150320sympo-uketsuke/

                               以上