―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第547号 <2015.3.3>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 ★★産学連携イベントのお知らせ★★

 (電気通信大学 TLO キャンパスクリエイトからのお知らせ)
【人に可愛がられる見守りロボット デモ体験セミナー】開催のご案内
―――――――――――――――――――――――――――――――――

時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、3月7日(土)、下記のセミナーを開催いたします。
皆様のご参加をお待ちいたしております。

◆人に可愛がられる見守りロボット デモ体験セミナー◆

http://www.open-innovation-portal.com/topics/entry/robots.html

○日程:2015年3月7日(土)
13:00〜14:50

○概要:
ロボットが家庭に普及し、家族とコミュニケーションを取りながら家族の
手助けを行う時代がきています。
また、少子高齢化や共働き世帯の増加傾向から、児童や高齢者の見守りの
ニーズが高まっています。
電気通信大学では、文部科学省「大学等シーズ・ニーズ創出強化支援事業」
の採択を受けて、未来のライフサポートシステム「可愛がられるコミュニ
ケーション見守りロボット」をイメージして、3種類のロボットを試作しま
した。
本セミナーでは「人と家庭用ロボットが共生する社会に向けて」をテーマ
の講演と、試作した3種類のロボットのデモ紹介、ご体験をいただくととも
に、「コミュニケーション見守りロボット」の普及に向けたパネルディス
カッションを行います。

○対象:家庭用ロボット、見守りサービスに関心がある方など、お気軽に
ご参加ください。

○主催:国立大学法人電気通信大学
企画運営:株式会社キャンパスクリエイト(電気通信大学TLO)

○会場:国立大学法人電気通信大学 東7号館415号室
(東京都調布市調布ヶ丘1-5-1)

○参加費:
無料

○問合せ・お申込先:
プログラムのイメージ、申込方法等詳細は下記URLをご参照ください。

http://www.open-innovation-portal.com/topics/entry/robots.html

**********************プログラム***********************

1)13:00〜13:10 開催挨拶、事業紹介

2)13:10〜13:50 講演
テーマ:人と家庭用ロボットが共生する社会に向けて

講演者:国立大学法人電気通信大学 情報理工学部 教授 長井 隆行

3)13:50〜14:15 ロボットのデモ体験
・お茶サーバ型コミュニケーション見守りロボット「お茶っち」
・Rapiroを用いたコミュニケーション見守りロボット「すくすくロボット」
・NAOを用いたコミュニケーション見守りロボット

4)14:15〜14:50 パネルディスカッション
テーマ:可愛がられるコミュニケーション見守りロボットの普及に向けて
                              
 以上