―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第519号 <2014.11.27>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――
★★産学連携イベントのお知らせ★★
(茨城大学からのお知らせ)
【「生物多様性条約セミナー」
    http://www.rd.ibaraki.ac.jp/top/141208.pdf 】開催のご案内
―――――――――――――――――――――――――――――――――
茨城大学では、3回目となる生物多様性条約と名古屋議定書に
ついてのセミナーを開催します。今回は、生物多様性条約・名
古屋議定書と遺伝資源へのアクセスと利益配分の考え方と現状、
その仕組みと手続き、資源国と利用国のそれぞれの考え、日本
の国内措置への対応等研究者や大学が遵守しなければいけない
こと等について、国立遺伝学研究所ABS学術対策チームも森岡
先生に解説いただきます。皆様のご参加をお待ちしております。

「生物多様性条約(CBD)・名古屋議定書(NP)と
 海外遺伝資源へのアクセス(3)
 〜提供国の遺伝資源へのアクセスと利益配分のルール〜」

●日時:平成26年12月8日(月)13:10〜16:30

●会場:茨城大学農学部203講義室(阿見キャンパス)
 ※稲敷郡阿見町中央3-21-1/土浦駅よりバス
 http://www.ibaraki.ac.jp/generalinfo/campus/ami/index.html

●ライブ会場:
 [水戸キャンパス]理学部K棟インタビュースタジオ
  http://www.ibaraki.ac.jp/generalinfo/campus/mito/index.html

 [日立キャンパス]工学部E1棟・第2第3会議室
  http://www.ibaraki.ac.jp/generalinfo/campus/hitachi/index.html

●対象:茨城大学教職員・学生、茨城大学関連機関等の関係者
(研究機関・大学等の方々の参加はもちろん、4uやJRIA等との関係
 企業等の方も参加可)

●参加費:無料

●講師:大学共同利用機関法人 情報・システム研究機関 国立遺伝学研究所
    知的財産室 ABS学術対策チーム チームリーダー 森岡一 氏

●お申込み・問合せ先:
 茨城大学社会連携センター 担当:湊(産学連携室長)、友田(和)、大谷
 E-mail: 4u@ml.ibaraki.ac.jp  
 ※氏名・ご所属・ご連絡先・希望会場を明記の上、お申込み下さい。
 TEL:0294-38-5057 FAX:0294-38-5240
 〒316-8511 日立市中成沢町4-12-1(日立キャンパス)

■プログラムなどの詳細は【リンク先】をご覧ください。
【リンク先】http://www.rd.ibaraki.ac.jp/top/141208.pdf

                                以上