―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第486号 <2014.9.1>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――
★★産学連携イベントのお知らせ★★
◆締切間近!!お早目にお申し込みください!!◆
【第十回お茶の水コラボレーションセミナー
       〜ユニークな技術で活躍する大学発ベンチャー〜
(株) BB STONE デザイン心理学研究所+(株)バイオシス・テクノロジーズ
         +(株)アーマリン近大〜9月10日(水)】開催のご案内
※本セミナーは一般の方(当学会の会員ではない方)にもご参加頂けます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

特定非営利活動法人 産学連携学会では、首都圏を中心とした地域で産学官連
携に興味を持つ方同士の情報交換やネットワーク作りに資する事を目的に、セ
ミナーを定期的に開催しております。
「第十回 お茶の水コラボレーションセミナー」は平成26年9月10日(水)に
開催いたします。昨年の4月より始めた本セミナーも皆様のおかげをもちまして
10回を数えることができました。今回は記念のセミナーとして「ユニークな技術
で活躍する大学発ベンチャー」と題して、3名の経営者をお招きし、お話しをして
いただきます。
講演者は、(株) BB STONE デザイン心理学研究所 代表取締役社長 日比野
好恵氏、(株)バイオシス・テクノロジーズ 代表取締役 板東泰彦氏、(株)ア
ーマリン近大 取締役 宮下 盛氏を予定しております。

(株) BB STONE デザイン心理学研究所(千葉大学発ベンチャー):
日本初!デザイン心理学の手法を交えた店舗デザインからリモコンまで様々な
価値提案を行っている。
http://www.bbstonedpu.com/

(株)バイオシス・テクノロジーズ(東京医科大学発ベンチャー):
臨床サンプルの入手からバイオマーカー開発までの一貫したソリューションビ
ジネスを展開、さらに最新の質量分析技術を用いた創薬ターゲットの解析など
も手がけている。
http://biosys-tech.co.jp/

(株)アーマリン近大:
世界で初めてクロマグロの完全養殖に成功した近畿大学水産研究所の成果を事
業化、クロマグロをはじめ十数種類の稚魚・成魚を販売するとともに、2013年
4月には国内初の養殖魚専門料理店をオープン、同12月には2号店として銀座に
も出店
http://www.a-marine.co.jp/


■開催要領
主  催:特定非営利活動法人 産学連携学会
共  催:医学系大学産学連携ネットワーク協議会 (medU-net)
場  所:中央大学駿河台記念館 6F 610教室
     (東京都千代田区神田駿河台3-11-5 )
日  時:平成26年9月10日(水)17時〜19時20分(開場16時)
     (終了後 懇親会を開催19時25分〜20時45分)
     懇親会:中央大学駿河台記念館1階 レストランプリオール(予定)
参加費用  無料(懇親会費3,000円)
講演者及び講演テーマ
    1. (株) BB STONE デザイン心理学研究所 
      代表取締役社長 日比野 好恵 氏 
  『デザイン心理学に基づくEvidence-based Design』

2.(株)バイオシス・テクノロジーズ
  代表取締役 板東 泰彦 氏
      『臨床サンプルを用いた創薬研究の解析プラットフォーム』

    3.(株)アーマリン近大 
取締役 宮下 盛 氏
『海水養魚の歴史と展望』

申込方法:産学連携学会HP(URL: http://j-sip.org/ ) もしくは
     こくちーず(URL http://kokucheese.com/event/index/200754/ )

■お問い合わせ先■
   産学連携学会事務局(担当 森島、阿部)
   〒182-0026 東京都調布市小島町1-11-6エンケ102
   (株)キャンパスクリエイト調布ブランチ内
   TEL:050−5539−6604 
   FAX:042−490−5727
    E-mail:j-sangaku@j-sip.org
                                 以上