―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第456号 <2014.4.14>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

★★産学連携イベントのお知らせ★★

【第八回お茶の水コラボレーションセミナー5月14日(水)】開催のご案内
※本セミナーは一般の方(当学会の会員ではない方)でもご参加頂けます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

 特定非営利活動法人 産学連携学会では、首都圏を中心とした地域で産学官
連携に興味を持つ方同士の情報交換やネットワーク作りに資する事を目的に、
セミナーを定期的に開催しております。
 第8回目となる「お茶の水コラボレーションセミナー」平成26年5月14日(水)
は、レキットベンキーザー・アジアパシフィック・リミテッド西村文晶氏をお
迎えし、『レキットベンキーザーの研究開発戦略と技術ニーズ〜オープンイノ
ベーションによる製品開発〜』と題しての講演を行います。
 レキットベンキーザーは、イギリスに本社を置き、2000年に日本法人が設
立されました。ニキビケア製品『クレアラシル』や、フット・レッグケア製品
『ドクター・ショール』など、日本でもお馴染みの製品を中心に、世界60カ国
で事業を展開するグローバル企業です。同社が有する世界的なネットワークと
製品開発力を活かしながら、QOLを向上し、人々の豊かで快適な生活の維持を
目指した事業を展開しています。
 研究開発においては、より良い製品をスピーディに提供し続けるために、
国内外の先進的な技術やアイデアを持つ技術パートナーとの共同開発に取組ん
でいます。
本セミナーでは、国内の企業や大学とのオープンイノベーションの事例と、
今後のアライアンスに向けて現在レキットベンキーザーが求めている技術ニー
ズについて紹介頂きます。
当日は、レキットベンキーザーのビジネスモデル、経営戦略をご紹介いただ
くことで皆様の各種活動への一助になる事はもちろん、同社のウィッシュリス
トの紹介を通じて同社とのアライアンスの契機となることを期待しています。
 ご関心のある方はぜひともご参集くださりますよう、御願いいたします。

■開催要領

○講演テーマ
 『レキットベンキーザーの研究開発戦略と技術ニーズ 
〜オープンイノベーションによる製品開発〜』

○講演者 :レキットベンキーザー・アジアパシフィック・リミテッド 
      アウトサイドイノベーション アソシエイト 西村 文晶 氏

○講演概要
イギリスに本社を置き、グローバルに製品展開している日用家庭品メーカー、
レキットベンキーザーは、薬用石鹸「ミューズ」、ニキビ治療薬「クレアラシ
ル」、フットケア「ドクターショール」など、生活雑貨、日用品から医薬品ま
で幅広い分野の商品を製造販売しています。レキットベンキーザーではより良
い製品をスピーディに提供し続けるために、先進的な技術やアイデアを持つ技
術パートナーとの共同開発に取組んでいます。
国内企業・大学とのオープンイノベーション事例と、レキットベンキーザー
が皆様に求めている技術ニーズについて紹介させて頂きます。

○主  催:特定非営利活動法人 産学連携学会

○共  催:研究・技術計画学会、医学系大学産学連携ネットワーク協議会 
     (medU-net)
○場  所:東京医科歯科大学 M&Dタワー2階 共用講義室 2
     (東京都文京区湯島1−5−45 )
○日  時:平成26年5月14日(水)18時半〜20時(終了後 懇親会を開催)
 
○参加費用:無料(懇親会費1,000円)

○申込方法:産学連携学会HP(URL: http://j-sip.org/ ) もしくは
      こくちーず(URL: http://kokucheese.com/event/index/162063/ )

■お問い合わせ先■
   産学連携学会事務局(担当 森島、阿部)
   〒182-0026 東京都調布市小島町1-11-6エンケ102
   (株)キャンパスクリエイト調布ブランチ内
   TEL:050−5539−6604 
   FAX:042−490−5727
   E-mail:j-sangaku@j-sip.org

                                 以上