―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第438号 <2014.2.7>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 ★★産学連携イベントのお知らせ★★

 【産学連携学会・認定講習会 4月25日(金)】開催のご案内

―――――――――――――――――――――――――――――――――

産学連携学会・認定講習会 4月25日(金)開催のご案内

受講対象者 :
◎大学で産学官連携に関わる業務をする方(産学官連携コーディネータだけで
なく、URAやアドミニストレーションに関わる方であって、産学官連携に関連
した業務をされる方も対象とします)
◎金融機関で産学官連携に関わる業務をする方
◎官の立場等で企業支援に関わっている方
◎企業で大学の活用をお考えの企業経営者や幹部技術者


日 時 :平成26年4月25日(金) 13:30〜18:00
場 所 :株式会社発明会館 7階会議室(最寄駅:地下鉄虎ノ門駅から徒歩5分)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-9-14
http://hatsumeikaikan.com/access1.html


◎参加申込について
お申込期日:平成26年4月18日(金)但し定員になり次第締め切りとなります。
お振込期日:平成26年4月18日(金)
お申込方法:URL(http://j-sip.org/) から申込書をダウンロードし、必要
      事項をご記入の上FAX(042−490−5727)にてお送りください。

お問い合わせ先:産学連携学会事務局 森島
T  E  L : 050-5539-6604
F  A  X : 042-490-5727
E - Mail :j-sangaku@j-sip.org

【認定講習概要】
(13:30〜18:00)
○開 会 挨 拶:伊藤 正実 産学連携学会会長 (群馬大学教授)

○第 一 講 座:中小企業対象の産学連携コーディネート    
 講師 伊藤 正実 
 中小企業と大学の産学連携の構造について
 (1)実際に“産学連携”する上での注意するべきポイント
 (2)産学連携における共同研究のパターン
 (3)中小企業が大学を活用するためにはどうしたら良いか?

○第 二 講 座:事業化事例から見る大学の活用の成功のポイント 
 講師 安田 耕平 産学連携学会理事((株)キャンパスクリエイト代表取締役)

○第 三 講 座:産学官連携に係る公的支援制度と申請における留意点 
 講師 菊地 博道 産学連携学会理事 ((独)科学技術振興機構 調査役)

○グループディスカッション:大学との連携における企業のメリットとは? 
 グループで、上述のテーマでディスカッションし、発表していただきます。
 講師3人がそれぞれのグループに付き、議論のファシリテータをいたします。

○閉 会 挨 拶 :安田 耕平 

(18:00〜19:00)
○情報交換会   :場所  株式会社発明会館(講習会と同じ場所)


受講者数:原則として先着20名に限定させていただきます。

受講料金:金15,000円/人
(但し情報交換会参加費及びテキスト代が含まれます。)

学会新規加入者の特典 :
今回の認定講習の申し込みにあたって産学連携学会に入会される場合(個人会
員(原則として正会員のみ))、受講料は、学会入会金(5,000円)相当額を
割引し、10,000円とさせていただきます。


産学連携学会の設立目的として「産学連携に関心を有する全ての者を対象と
した産学連携に従事する際の力量の涵養、産学連携活動の総合的支援に関する
事業の遂行及び産学連携業務の専門職化促進を通じて、産学連携学の確立及び
産学連携自体を発展させることにより、我が国の学術や技術の発展を促進し、
もってそれぞれの地域が特色ある活動を活発に行なう豊かで個性と活性に富ん
だ社会をつくりあげることに寄与する」ことが謳われています。
 上記趣旨に沿って、東京都(港区)において講習会を開催しますので、多数
のご参加をお待ちします。なお、今回のお申し込みにあたって、産学連携学会
にご入会いただいた場合、受講料は入会金相当額を割引いたします。また、入
会いただいた方を対象に1年後にフォローアップ研修をさせていただき(無料)
、さらなる産学連携の“現場力”を涵養することが出来ます。以前受講された
方も継続的専門能力開発研修(CPD)の講習会の一環としてお申込み可能です。


※予告なく内容につきまして変更があることがございます。ご了承ください。
最新の内容は、ホームページ(URL:http://j-sip.org) をご参照ください。

尚、本認定講習を受講された会員(あるいは入会希望者)の皆様には産学連
携学会よりCPD(継続的専門能力開発研修)単位を付与いたします。CPDに関
しましてはホームページ(URL:http://j-sip.org/cpd.html) をご参照くだ
さい。

                                以上