―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第435号 <2014.1.20>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆産学連携に関わる外部の表彰を産学連携学会 Websiteに 掲載します。◆
  〜 会員の皆様からの届け出をお待ちしております 〜
――――――――――――――――――――――――――――――――――

 学会では、功労賞、業績賞、論文賞、特別賞および奨励賞を設け、その優れ
た活動をたたえております。これらの受賞者は、学会Websiteの表彰のサイト
http://j-sip.org/hyosho.html )にも掲載しております。
 このたび、これら本学会内部の表彰に加えて、学会外部の産学連携に関する
表彰を受賞した会員につきましてもその一覧を新たに設けて、たたえることに
しました。
 つきましては、会員の皆様による積極的な届け出をお待ちしております。
掲載範囲、対象、届け出るデータと様式、等は以下の通りです。

1.掲載範囲
   産学連携学会発足時(2003年)以降の外部表彰

2.対象
(1)受賞時点で、以下の会員の基準を満たすこと
  @個人表彰
   ・個人会員(正会員、準会員、賛助会員、名誉会員)であること
  A団体表彰:以下のいずれかであること
   ・団体表彰受賞団体の中に、少なくとも1名の個人会員(正会員、準会
    員、賛助会員、名誉会員)が含まれていること
   ・産学連携学会団体会員名と団体表彰受賞団体名が一致すること
   ・産学連携学会団体会員名と団体表彰受賞団体名とが一致しないが、
    前者が後者を含むこと
(2)対象となる表彰は、産学連携に関係するものとする
    例;内閣府「産学官連携功労者表彰」、
      JST「イノベーションコーディネータ賞」、
      自治体による表彰

3.届け出るデータと様式
(1)データ:授賞機関名、表彰名、表彰年月日、表彰テーマ、表彰理由、受
       賞機関・氏名、個人表彰・団体表彰の区分、
       それらを示すエビデンスおよび会員種別・番号
(2)様式:自由

4.届け出の日・届け出先
(1)届け出の日:随時受け付ける。
(2)届け出先:産学連携学会本部事務局(担当 森島、阿部)
      TEL:050−5539−6604
      FAX:042−490−5727
      E-mail:j-sangaku@j-sip.org

5.届け出後の扱い
   産学連携学会担当委員会(広報委員会)において、上記「2.対象」に
   該当するか判断し、該当するなら掲載する。

6.その他    産学連携学会担当委員会は該当すると思われる個人・団体に届け出を推
奨することができる。

以上