―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第405号 <2013.9.30>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――
★★産学連携イベントのお知らせ★★
 芝浦工業大学からのお知らせ
 【2013年度 芝浦工業大学 福祉機器開発研修プログラム
  (文部科学省地域イノベーション戦略支援プログラム)
                  成果報告会 実施】開催のご案内
―――――――――――――――――――――――――――――――――

芝浦工業大学では、首都圏西部地域におけるスマート・クオリティ・オブ・
ライフ(SQOL)技術開発候補生を育成することを目的として、2013年9月23日〜
10月4日の約2週間にわたり、福祉機器開発研修プログラムを開催しています。
本プログラムは、芝浦工業大学の教職員・大学院生の他、協定校であるイタ
リア/ラクイラ大学の教員・学生、および地域の技術開発候補生が参加し、
ワークショップ形式で実施するものです。
本プログラムの成果報告会を、下記の通り実施いたします。
地域の皆さまにも、未来を担う若手技術者による報告会をご覧いただきたい
と思います。
是非ともお誘い合わせの上、ご参加ください。


日時:2013年10月4日(金)15時〜17時

場所:芝浦工業大学/大宮校舎 5号館3階5341教室
   アクセス http://www.shibaura-it.ac.jp/about/campus_omiya.html
   (JR宇都宮線東大宮駅からスクールバスで5分)

報告会次第:
1開会挨拶  
   芝浦工業大学副学長 米田隆志

2プログラム報告 
   プログラム参加者4グループによる、
                     高機能車いすに関するプレゼンテーション(コンペ方式)

3総括 
   芝浦工業大学・ラクイラ大学・スイス連邦工科大学ローザンヌ校
   教員陣による講評

4その他


※報告会は、英語にて行われます。(通訳はありません)

参加申し込み・お問い合わせ先:
   芝浦工業大学 産学官連携・研究支援課 (担当:杉山・小倉)
   TEL. 03-5859-7180  E-MAIL. sangaku@ow.shibaura-it.ac.jp


※本プログラムは、文部科学省の地域イノベーション戦略支援プログラムの
一環として行うものです。

                                以上