―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第400号 <2013.9.17>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――
★★産学連携イベントのお知らせ★★
(一般財団法人 機械振興協会からのお知らせ)
 【産学官連携シンポジウム「地域産業の活性化と異業種間連携」
   〜社会課題に挑戦する川崎の先進的異業種間連携!〜】開催のご案内

―――――――――――――――――――――――――――――――――

産学官連携シンポジウム「地域産業の活性化と異業種間連携」
〜社会課題に挑戦する川崎の先進的異業種間連携!〜
日 時 :平成25年 10月7日(月) 13:30〜19:00 (開場:13:00)
場 所 :シンポジウム  ソリッドスクエア 地下1階 ホール
  懇親会     川崎市産業振興会館 4階 懇親会場
主 催 :一般財団法人 機械振興協会
共 催 :川崎市、公益財団法人 川崎市産業振興財団
後 援 :経済産業省 関東経済産業局


<プログラム>
1. ご挨拶 (13:30〜13:35)
一般財団法人 機械振興協会 副会長 産学官連携センター長  鳥居原 正敏

2.理事長ご挨拶 (13:35〜13:40)
公益団法人 川崎市振興財団 理事長   曽禰 純一郎

3.市長講演 (13:40〜14:30)
『川崎から新たな産業革命を』  川崎市長 阿部 孝夫

川崎の工業都市としての歴史がもつ強み、そして、羽田空港に近いという地理的
条件。これらの特徴を活かして川崎市では、「ライフ・イノベーション」、「グ
リーン・イノベーション」、「ウェルフェア・イノベーション」という、3つの
イノベーションを成長戦略として実施しています。今回、川崎市長 阿部孝夫氏
をお招きし、それらの取組みを中心に、お話を伺うことと致しました。

4.特別講演 (14:30〜15:20)
『応用の広がる光触媒の研究開発』東京理科大学 学長 藤嶋 昭

日本で発見された光触媒は、主に日本で商品化が進んできたことから、「日本発
のオリジナル技術」と言われ、今日までに住宅関連、電化製品、農業、生活用品、
医療分野などに関する製品が数多く登場致しました。
光触媒の特徴は、強力な「酸化分解力」と「超親水性」であり、消臭や除菌等に役立
つ一方、防曇機能をもつ鏡ガラスや、防汚性をもつ住宅の外壁や窓ガラス等への応
用ができます。
この度はこの分野の先駆者でおられる東京理科大学学長・藤嶋昭氏をお招きし、
「応用の広がる光触媒の技術開発」と題してお話を伺うことと致しました。

休憩20分 (15:20〜15:35)

5.パネルディスカッション (15:35〜17:00)
『ニーズ起点のイノベーション、新しい産学官連携に向けて』
・ 医療・福祉、環境、国際化−モノ作り産業からの展開方策
・ ニーズの市場化に関する最先端の研究、事業化事例、支援策
・ 質疑応答
  進行役 ◎ 後藤 芳一(東京大学 大学院 工学系研究科 教授)
 パネラー (五十音順)
     ◎ 大山泰弘 (日本理化学工業 取締役会長)
     ◎ 片岡一則 (東京大学 大学院 工学系研究科・医学系研究科 教授)
     ◎ 北嶋 守 ((一財)機械振興協会 経済研究所 調査研究部長)
     ◎ 熊野英介 (アミタホールディングス梶@代表取締役会長兼社長)
     ◎ 牧野俊清 (樺キ津製作所 代表取締役会長、(一社)日本金型工業
            会 会長)
     ◎ 山田長満 (川崎商工会議所 会頭、褐o理バンクホールディングス代表取
            締役社長)

休憩(移動) (17:00〜17:20)

6.懇親会 (17:20〜19:00)

申込方法:
1.E-mail:kikaku@jspmi.or.jp
(氏名・組織名・所属・役職・TEL・FAX・E-mail・懇親会参加の有無を記載)
2.FAX 03-3434-8003 (氏名・組織名・所属・役職・TEL・FAX・E-mail・懇親会参加の
有無を記載)3.申込み〆切 2013.10.2(水)(また定員(200名)になり次第締切ります)

<詳細ご案内先>
http://www.jspmi.or.jp/system/info.php?buid=5&iid=109


お問い合わせ:
〒105-0011
東京都港区芝公園3-5-8
一般財団法人 機械振興協会
企画室(國井・柴崎)
TEL:03-3434-8226

                                 以 上