―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第393号 <2013.8.21>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 ★★産学連携イベントのお知らせ★★
 (芝浦工業大学からのお知らせ)
 【芝浦ハッケン展 2013】開催のご案内
  同時開催:第18回東京ベイエリア産学官連携フォーラム講演会 
―――――――――――――――――――――――――――――――――

芝浦工業大学は、9月10日(火)、芝浦キャンパスにて、
産学官連携イベント『芝浦ハッケン展 2013』を開催いたします。


●開催日/2013年9月10日(火) 13:00〜18:30【12:30受付開始】

●開催場所/芝浦工業大学 芝浦校舎8F (〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14)
【アクセス】JR山手線・京浜東北線田町駅芝浦口から徒歩3分、都営地下鉄三田
      線三田駅から徒歩5分

●参加費/無料(懇親会は会費制)

●スケジュール
第1部 
「全体会/第18回東京ベイエリア産学官連携フォーラム講演会」

13:00〜13:15 開会挨拶 芝浦工業大学 学長 村上 雅人
            東京東信用金庫 理事長 澁谷 哲一氏

13:15〜14:15 「ルーヴル美術館向け照明器具開発〜陰影豊かにLEDでエコと美観
       両立〜」
            東芝ライテック株式会社
            技術本部 研究開発センター 
            照明技術担当 主査 森山 厳與氏

14:15〜15:15 「実用化が進むロボット介護機器」
         大和ハウス工業株式会社
           営業本部 ヒューマン・ケア事業推進部 
            理事 田中 一正氏

第2部 
「産学連携セミナー」
15:30〜15:50 事例発表@「冷間鍛造フォーマーによるオイルジェットパイプ製
       造の研究」
          荻野工業株式会社  代表取締役社長 荻野 明氏
          芝浦工業大学 デザイン工学部 教授 戸澤 幸一
 
15:50〜16:10 事例発表A「ディスプレイツール(マネキン等)国内自社生産シ
ステムの開発」
株式会社ヤマトマネキン 代表取締役社長 柴田 兼吾氏
          芝浦工業大学 デザイン工学部 教授 戸澤 幸一

16:10〜16:30 事例発表B「過熱水蒸気の開発を通じた開発・研究部門の育成プ
ロジェクト」
          株式会社弘輝テック 取締役 清水 正志氏 
          芝浦工業大学 システム理工学部 教授 君島 真仁

16:30〜16:50 事例発表C「レーザー加工によるマイクロテクスチュアリングの
産学連携成功事例」
          株式会社リプス・ワークス 代表取締役 井ノ原 忠彦氏
 
          芝浦工業大学 デザイン工学部 教授 相澤 龍彦
          
17:00〜18:30 懇親会(参加費2,000円)
「パネル展示セッション・各種相談コーナー」

15:30〜17:00 約60の研究室がパネル展示をします。
普段かかわることのない意外な分野から、新たなものづくりのヒントが見つかる
かもしれません。
また、本学の産学官連携コーディネータによる技術・特許相談コーナーも併設し
ます。


主催○芝浦工業大学
共催○東京東信用金庫
後援○港区、江東区、墨田区、 (地独)東京都立産業技術研究センター
   (公財)大田区産業振興協会、(社)首都圏産業活性化協会、
   埼玉縣信用金庫、(公財)りそな中小企業振興財団


この出会いは、偶然か。必然か。

私たちが人生の中で出会える人やものには限りがある。
そしてその出会いは偶然の連続である。
しかし偶然ながら何か必然的なものを感じることがある。
そう考えると、偶然は必然と常に隣り合わせなのかもしれない。
技術も同じ。
これまで出会うことのなかった技術同士が、偶然何かのきっかけで出会い、新し
いものを生み出す。
偶然ながら、出会うべくして出会ったもの、きっとそれがイノベーションとなる
のだろう。
企業と芝浦工大の技術力。
これまですれ違っていた技術同士が出会う場になるのが、この芝浦ハッケン展。
いつか、この偶然の出会いが必然だったと思えるように。
     

 詳細・お申し込みはホームページから↓
 http://www.shibaura-it.ac.jp/event/detail/id/3050/publish/1/
                                  以上