―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第357号 <2013.4.26>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――
★★産学連携イベントのお知らせ★★

 「産学連携学会TR研究会キックオフセミナー」のお知らせ

―――――――――――――――――――――――――――――――――

産学連携学会TR研究会は、アカデミア発の医学系シーズの安全性や効果をヒト
において示すステップを産学連携の枠組みからどうフォローするかについて検討
を行うべく、昨年末に立ち上げました。この度、厚生労働省 審査管理課 医療機
器管理室長 浅沼 一成 氏をお招きし、下記の要領でキックオフセミナーを開催
致します。皆さまのご参加をお待ちしております。

◆主催:産学連携学会TR研究会
◆日時: 平成25年5月21日(火)19:00−20:30
                 (18:30開場)
◆会場:東京医科歯科大学3号館 3階 医学科講義室2 
    (東京都文京区湯島1−5−45)
(アクセス:
http://www.tmd.ac.jp/tlo/medU-net/pdf/map_1stbld_3f_room2.pdf
◆参加費用: 無料

【講演者】
厚生労働省 審査管理課 医療機器管理室長 浅沼 一成 氏

【テーマ】
「薬事法改正と医療機器開発シーズの製品化に向けたプロセスについて」

【概要】
医療機器は、他の機械製品と同様に短いサイクルで改善・改良が行われた製品が
市場に供給される場合が多いことなど、医薬品と異なる特性を有しています。そ
こで、医療機器の特性を踏まえた制度改正を行い、医療機器の迅速な実用化と規
制の合理化を図ることを目的とした「薬事法改正」が検討されています。その改
正内容を説明するとともに、大学等の研究シーズを医療機器開発に結び付けるプ
ロセスにおいて、マネジメントをどのように進めていくべきか等について、提言
させていただきます。

【参加申し込み】
下記URLから、参加登録をお願いいたします。
http://kokucheese.com/event/index/87577/
(URLにアクセスできない場合は、下記問い合わせ先アドレスに、お名前とメー
ルアドレス、および宜しければご所属をご記載のうえお申し込みください)

【その他お問い合わせ】
email: sangaku-tr@sapmed.ac.jp
tel: 011-611-2111 ext.2780(石埜・荒木)
                                  以上