―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第342号 <2013.2.15>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

★★産学連携イベントのお知らせ★★

【輸出管理DAY for ACADEMIA
      Export Control Day for Academia 2013 】開催のご案内

―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆輸出管理DAY for ACADEMIA◆
Export Control Day for Academia 2013

○日程:2013年3月1日(金)10:00〜17:30

○研修目的
〜輸出管理デー・フォー・アカデミアが目指すもの〜
大学・研究機関等における輸出管理啓発教育は、2010年の輸出者等遵守管理基準
の施行に伴い各機関において実施されているところである。
その一方で、初期の輸出管理導入教育を終了した大学等においては、次年度以降
の輸出管理教育の講習内容に目新しいものがなく、マンネリ化し、継続的に輸出
管理について啓発していくことが困難な状況にある。
ドイツの大学においても、同様の問題に直面していた。この問題の打開策として、
ミュンスター大学とBAFA(ドイツ連邦輸出管理局)が中心となって、年に一
度、国内の産官学の輸出管理関係者に対し呼びかけを行い、ドイツの輸出管理体
制を強化するため、「輸出管理デー」を開催している。このイベントの開催によ
りドイツの産学官の緊密な連携体制が構築されてきた。
わが国においても、大学や研究機関が中心となって、関係する政府機関、産業界
の輸出管理関係者に呼びかけを行い年に一回一堂に会し、大学・研究機関のため
の「日本版輸出管理デー」を開催することを提案する。
将来的には、世界各国から大学等の輸出管理の専門家を招聘し、先進的な取り組
みの紹介と情報交換を行い、アカデミアのための国際的な輸出管理ネットワーク
構築の場とすることも視野に入れる。
(UCIP「大学・研究機関を対象とした安全保障輸出管理に関する調査報告書」要
望事項より)

○研修概要
大学・研究機関を対象とした安全保障輸出管理に関する最近の調査研究で明らか
になった問題点について、具体的な事例に基づきさらに踏み込んだ課題の整理を
行うとともに、先進的な取り組みをしている大学・企業等のベストプラクティス
の紹介を行います。

**********************プログラム***********************

10:00-10:10 開会宣言:山梨大学 理事 産学官連携・研究推進機構長 新藤久和
      オープニングリマーク:
       ・文部科学省 科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課
大学技術移転推進室 室長補佐 石田雄三
       ・芝浦工業大学 副学長 米田隆志
10:10-10:40 基調講演:経済産業省 貿易経済協力局 貿易管理部 安全保障貿易
検査官室長 藤代尚武
  「大学における安全保障貿易管理の重要性について」
10:40-11:10 特別講演:ドイツ連邦共和国大使館 経済部 参事官
アクセル・ゲーナー
   「Export Control in Germany」
11:10-12:30 第1部:海外の大学から何を学ぶべきか
モデレータ 九州大学 国際法務室 副室長(教授・NY州弁護士)
岡田昌治
           「米国の大学の輸出管理(九州大学国際法務室による調
査事業の中間報告)」
スピーカー・丸紅株式会社 貿易管理部 輸出貿易管理室
シニアエキスパート 重田吉康 
  「ミュンスター大学経済公法研究所貿易法センターと
輸出管理デーについて」
      ・一般財団法人安全保障貿易情報センター輸出管理アド
バイザー 兼該非判定アドバイザー 畑良三
  「韓国輸出管理制度の概要と戦略技術輸出管理の動向」
・横浜国立大学 安全保障輸出管理マネージャー 
中田修二
「英国の大学改革と輸出管理」
12:30-13:30 昼 食
13:30-15:10 第2部:留学生受け入れの際の輸出管理上の課題と対応策
モデレータ 群馬大学 共同研究イノベーションセンター 教授 
伊藤正実
      スピーカー・(独) 日本学生支援機構 留学生事業部 企画調査室長
太田隆文
    「外国人留学生の受入れ状況」
    ・東京工業大学 国際室 国際連携プランナー 
角田重雄
           「留学生の入口管理」
    ・早稲田大学 産学官研究推進センター
安全保障輸出管理アドバイザー 山之内雄二
「留学生の中間管理(受入後に直面した課題)」
    ・東北大学 コンプライアンス推進部
安全保障輸出管理室 室長 船田正幸 
     「東北大学における留学生の出口管理」
  ・大阪大学 研究推進部研究推進課 輸出管理担当
 特任教授 石田英之 
      「全学貨物DBの構築と留学生等受入れの濃淡管理」
15:10-15:30 休 憩
15:30-17:25 第3部:大学等の輸出管理の連携のあり方
      モデレータ 新潟大学 産学地域連携推進機構 教授 松原幸夫
           「大学等の輸出管理の連携のあり方」
      スピーカー・日立GEニュークリア・エナジー株式会社
事業企画本部 本部長付 兼 輸出管理センタ長 兼
原子力業務管理センタ長 小野薫
  「国内外の該非データベースの現状」
  ・関東化学株式会社 貿易管理室 主任 海野政文
            「関東化学での該非判定の取組み及び該非判定支援
システムの可能性」
    ・静岡大学 安全保障輸出等管理室 学術研究員 
河合孝尚
  「大学における安全保障教育プログラムの必要性〜輸出
管理の視点から〜」
    ・九州大学 国際法務室 学術研究員 佐藤弘基
           「九州地域大学輸出管理担当者ネットワーキングについ
て」
    ・山形大学 大学院理工学研究科 教授 足立和成
           「輸出管理における大学固有の問題と学内部署間の連携」
17:25-17:30 閉会あいさつ:新潟大学 下條文武
17:30-19:00 交流会(参加費2,500円、【交流棟】3階カフェテリア)
*******************************************************
○対象
大学・研究機関、企業関係者等、どなたでもご参加いただけます。

○主催
輸出管理デー・フォー・アカデミア実行委員会
(当実行委員会は、「輸出管理DAY for ACADEMIA」の企画・運営を目的として、
2012年11月に発足いたしました。委員会メンバーは、国際・大学知財本部コンソ
ーシアム(UCIP)の会員大学を中心に、群馬大学、九州大学、東京工業大学、早
稲田大学、UCIP外為NET会員で構成されています。(UCIP会員大学:山梨大学、
新潟大学、静岡大学、芝浦工業大学、電気通信大学、信州大学、横浜国立大学、
新潟薬科大学、千葉大学、神戸大学、埼玉大学、計11大学)

○共催
国際・大学知財本部コンソーシアム(UCIP)・特定非営利活動法人産学連携学会・
芝浦工業大学・九州大学

○後援
経済産業省・文部科学省・一般財団法人安全保障貿易情報センター(CISTEC)・
日本安全保障貿易学会・一般社団法人日本知財学会・一般社団法人大学技術移転
協議会(UNITT)・一般社団法人日本電気計測器工業会・公益社団法人日本技術
士会

○会場
芝浦工業大学 豊洲キャンパス【交流棟】(東京都江東区豊洲3−7−5)
6階 大講義室 http://www.shibaura-it.ac.jp/about/campus_toyosu.html

○参加費
無料(資料代、一冊1,000円)

○申込締切
2013年2月20日(水)
UCIPのHP「お知らせ」から「3/1輸出管理DAY for ACADEMIAのご案内」に進み、
申込書をダウンロードの上、以下の申込先までメールまたはFAXでお送りくださ
い。
http://www.ucip.jp/

○問合せ・申込先
輸出管理デー・フォー・アカデミア実行委員会 事務局
メールアドレス:export_control_day@goo.jp
電話:025-262-5369 FAX:025-262-7513
以上