―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第332号 <2012.11.22>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

★「第7回モノづくり連携大賞」表彰式&記念フォーラム★

〜オープンイノベーションの今後や産学連携に、ご関心のある皆様へ〜

参加無料・来場のご案内】 主催:日刊工業新聞社、モノづくり日本会議
  http://www.nikkan.co.jp/sangakukan/
――――――――――――――――――――――――――――――――――

今年で第7回目を迎える「モノづくり連携大賞」―。
本賞は、モノづくり分野における産学官連携事例を表彰するもので、大学など
アカデミックな機関の研究成果を世の中に広く役立てる「知の実用化」を後押し
することを目的に創設したものです。

これまでに60件以上のプロジェクトを表彰してきました。
本年は表彰式とあわせ、審査委員らによる講演ならびにセッションを開催します。
日本の産学官連携に深く携わる有識者から、社会ニーズに応え、絶え間ない
イノベーションを実現するための“カギ”をお伺いし、これからの「産学官連携」
のあり方を探ります。

皆様のご参加を心より、おまちしております。

 開催日 2012年12月6日(木)13:00〜15:30(12:30開場)
 会 場 如水会館 2F オリオンルーム(東京都千代田区一ツ橋)
 入場料 無料  ※事前登録制    ※定員100名

事前登録、詳細と最新情報は>>> http://www.nikkan.co.jp/sangakukan/ 

……………………………………………………………………………………………
【主なプログラム】
13:00 主催者挨拶

13:02〜13:30 ≪記念講演≫
電気通信大学 学長  梶谷 誠 氏
「産学官連携で知のボーダレス化を」

13:30〜14:20 ≪第7回モノづくり連携大賞 表彰式≫
・大賞を含む、計7件の「授賞式」
・「審査講評」 本賞 審査委員長 
          小宮山 宏 氏(三菱総合研究所理事長)

14:20〜15:30 ≪特別セッション≫  (順不問)

テーマ:「産学官連携に必要な“カギ”とは−
社会ニーズに応えるオープンイノベーション−」
 
  ■出演者                         
(一社)日本経済団体連合会 産業技術委員会産学官連携推進部会長 
       永里 善彦 氏 (旭リサーチセンター相談役)

東京商工会議所 ものづくり推進委員会共同委員長 
      横倉 隆 氏 (トプコン相談役)

(独)工業所有権情報・研修館 理事長 
      三木 俊克 氏 (元山口大学副学長)

司会:日刊工業新聞社 論説委員 山本佳世子

■ポイントテーマ
◇第7回モノづくり連携大賞 受賞案件にみる成功分析
◇社会ニーズに応えるイノベーションを実現する“産学官連携”
◇産学官連携を推進するために必要な“カギ”
  (付加価値を生みだす“連携”とは何か、枠組みをいかに推進するか等)

事前登録、詳細と最新情報は>>> http://www.nikkan.co.jp/sangakukan/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
●事務局:「第7回 モノづくり連携大賞事務局」(日刊工業新聞社業務局)
 電話:03‐5644‐7338/メール:monorenkei@media.nikkan.co.jp

住所:東京都中央区日本橋小網町14−1(住生日本橋小網町ビル)

■第7回モノづくり連携大賞WEB [ http://www.nikkan.co.jp/sangakukan/ ]

□ものづくり日本会議WEB [ http://www.cho-monodzukuri.jp/ ]