―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第329号 <2012.11.13>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

★★産学連携イベントのお知らせ★★

奈良先端科学技術大学院大学 
平成24年度「国際ベンチャーシンポジウム『アカデミア発イノベーション
創出のカギ 〜人・環境・志〜 』」 開催のお知らせ
(文部科学省イノベーションシステム整備事業大学等産学官 連携自立化促
 進プログラム))
―――――――――――――――――――――――――――――――――

本年度で5回目を迎える標記「国際ベンチャーシンポジウム」を本学ミレニア
ムホールにて開催いたしますのでご案内申し上げます。
本プログラムは来年3月末で終了予定ですが、今回のシンポジウムにおいて
は原点に戻って、「イノベーションを志す人材・必要な資質」、人材を生み
出す背景となる「日本社会・大学の環境」をどう創っていけば良いのか、そ
の為に大学人は何をすべきか等について議論できる場としたいと考えており
ます。

日本オラクル社初代代表であり、今日の日本オラクル社成長の礎を築きあげ
られた後、株式会社サンブリッジを立ちあげられ、日本のインタネットビジ
ネス黎明期から多くのベンチャー投資、支援を行い日本における新事業、新
産業創出に貢献されてきた同社代表取締役会長のアレン・マイナー氏、情報
化社会のさまざまなものづくりのスペシャリストが集まり、テクノロジー・
アート・デザインの境界線を曖昧にしながら、数々の芸術作品を生み出して
いる、ウルトラテクノロジスト集団チームラボ代表の猪子寿之氏のお二人に
講演をいただきます。
パネルディスカッションの部では、さらに、企業・大学における研究、ライ
センス活動を実践、熟知され、現在は創薬ベンチャー クオリア創薬代表取
締役としてご活躍の谷直樹氏にも参加いただき、自らの研究を世界につなげ、
ビジネスにつなげてこられたパネリストの皆様の様々な経験、その情熱の源
となる志の背景を語り、議論をしていただきます。

技術が急速に進歩し、社会が大きく変化するこの時代において、教育・研究
の場である大学の新しい使命の一つとしてのイノベーション創出を論じ、世
界に挑戦する人材、志を育てる場としての大学について考えます。

今後のキャリアを考える学生、産官学連携・大学関係者、ベンチャー関係者
また起業に関心のある方等多くの皆様のご参加をお待ちしております。

--------------------------------------------------------------------

【日  時】平成24年12月10日(月)13時30分〜18時30分 
(交流会17:40〜18:30) 
【場  所】奈良先端科学技術大学院大学 ミレニアムホール
http://www.naist.jp/accessmap/index_j.html
【参 加 費】無料
【テ ー マ】アカデミア発イノベーション創出のカギ − 人・環境・志 −
【主  催】奈良先端科学技術大学院大学
【詳  細】http://ipw.naist.jp/sympo/venturesympo12.pdf
【申込方法】お名前、ご所属、お電話番号、FAX番号、E-mailアドレスを
記載のうえ、11月22日(木)までに下記までメール又はFAXに
       てお申し込みください。
定員(先着150名)になり次第締め切りとさせていただきま
       す。
      *無料マイクロバス運行を予定しています。また、お車でもご
      来場いただけます。
【申 込 先】奈良先端科学技術大学院大学産官学連携推進本部
TEL : 0743-72-5191
FAX : 0743-72-5194
E-mail : sankan-event@ad.naist.jp
                                以上