―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第323号 <2012.10.16>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

◆特定非営利活動法人 産学連携学会 秋季シンポジウムの開催のご案内◆
「産業振興へのあらたな挑戦 〜地域密着型金融のパラダイムシフト〜 」
―――――――――――――――――――――――――――――――――

 グローバルレベルでの競争が厳しさを増すなか、産業界のイノベーション
力の一層の強化が求められています。このため、産学連携や産産連携等によ
る産業振興がますます重要となっています。
 一方、中小企業金融円滑化法は、当初モラトリアム的な色彩であったが、
二度の時限延長を経て、地域密着型金融のパラダイムシフトを起こしつつあ
ります。
すなわち、産学連携や産産連携等への金融機関の積極的な関与による新たな
イノベーションモデルの構築の動きがあります。
そこで、本シンポジウムでは、産学官金連携による積極的な企業支援事例を
取り上げながら、新たなイノベーションモデル構築における金融機関が果た
す意義について探っていきます。
 皆様のご参加をお待ちしております。またご関係者へ広くお知らせいただ
ければ幸いです。

【開催日時】平成24年12月4日(火)14:00〜19:00 (受付開始:13:00)
     (シンポジウム; 14:00〜17:15、意見交換会; 17:30〜19:00)
【開催場所】
 ○シンポジウム:野村證券株式会社 大手町本社ビル 20階大会議室
 ○意見交換会: 野村證券株式会社 大手町本社ビル 14階カフェ
   〒100-8130 東京都千代田区大手町2-2-2 アーバンネット大手町ビル
   会場については、http://www.nomura.co.jp/introduc/company/index.html
   をご覧下さい。
   最寄駅:地下鉄大手町駅、JR東京駅。
【参加費】
 ○シンポジウム:どなたでも無料で参加できます。
 ○意見交換会:会費として3,000円いただきます。
【募集人員(定員になり次第、締め切りといたします)】 100名
【プログラム(予定)】
 総合司会: 本会理事 桑江 良昇(株式会社東芝/宇都宮大学客員教授)
 14:00-14:05 主催者挨拶:本会会長 伊藤 正実(群馬大学教授)
 14:05-14:10 挨拶:野村證券株式会社 法人企画部 部長 大森 勝 氏
 14:10-14:15 趣旨説明:本会理事 小野 浩幸(山形大学教授)
 14:15-14:55 基調講演:東京中小企業投資育成株式会社 代表取締役社長
            荒井 寿光 氏
           『産学金連携への高まる期待』
 14:55-15:55 事例紹介:
        講演1:西武信用金庫 常勤理事・業務推進企画部長
            橋 一朗 氏
        講演2:有限会社ふじの 代表取締役 安藤 久士 氏
        講演3:多摩信用金庫 価値創造事業部 部長 長島 剛 氏
        講演4:システム・インスツルメンツ株式会社 取締役社長
            濱田 和幸 氏
           『産学連携を基に経営革新〜日本が世界に先駆けて
            直面する超高齢化社会に対する技術とビジネスの
            一つの挑戦〜』
 15:55-16:05 <休憩>
 16:05-17:05 パネル討論:
        ●パネリスト:
           ・橋 一朗 氏 (前掲)
           ・安藤 久士 氏 (前掲)
           ・長島 剛 氏 (前掲)
           ・濱田 和幸 氏 (前掲)
        ●コメンテータ:
           ・荒井 寿光 氏 (前掲)
           ・金融庁(予定)
           ・金融・経営コンサルタント/鹿児島銀行社外取締役
            /山陰合同銀行社外取締役
            /アビームコンサルティング株式会社顧問
            多胡 秀人 氏
        ●モデレータ:
           ・小野 浩幸    (前掲)
 17:05-17:15 全体まとめ、閉会:本会理事 安田 耕平(株式会社キャンパ
スクリエイト代表取締役社長)
【主催】特定非営利活動法人 産学連携学会
【後援】野村證券株式会社
【CPD上の位置づけ】本シンポジムはCPD(継続的専門能力開発研修)単位認
定の対象事業です。
          詳細はhttp://www.j-sip.org/cpd.html をご覧ください。
【入館について】まず1階の受付でセキュリティーカードを取っていただき
ます。
そして20階の受付でシンポジウム・意見交換会の受付を
していただきます。

■お問い合わせ・お申し込み■
  産学連携学会本部事務局(担当 森島、阿部)
  〒182-0026 東京都調布市小島町1-11-6エンケ102
  (株)キャンパスクリエイト調布ブランチ内
    TEL:050−5539−6604 
    FAX:042−490−5727
    E-mail:j-sangaku@j-sip.org
  *案内・申込みは、産学連携学会Webサイト:http://j-sip.org/
    「主催・共催・後援イベント情報」もご参照ください。

【参加申し込み】下記ご記入の上、FAXまたはE-mailにて2012年11月27日(火)
   までにご送付下さい。募集人員に達した時点で締切とさせていただき
ます。
    ○御 氏 名
    ○所 属
    ○役 職
    ○ご連絡先(TEL、E-mail)
    ○シンポジウム 参加・不参加
    ○意見交換会 参加・不参加

                                以上