―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第299号 <2012.7.10>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

★★産学連携イベントのお知らせ★★
(機械振興協会からのお知らせ)
「一般財団法人機械振興協会技術研究所 第1回テクノフォーラムのご案内」

      2012年8月2日(木)13:30〜17:00
            機械振興会館 ホール

―――――――――――――――――――――――――――――――――

          【創造! 明日の技術】

技術研究所が培ってきた技術を現場で役立つ一歩踏み込んだ情報として紹介
し、さらに、参加者から話題提供やPRを頂き、意見交換・交流する場を提
供することで、皆様のビジネスネットワーク拡大のお手伝いする「第1回テ
クノフォーラム」を下記の通り開催します。

具体的に、前半のクロストークセッションでは、今後のものづくり競争力の
カギとして、セッション1で、当所の依頼試験担当者から、長年の経験にも
とづく材料品質管理の勘どころ、およびセッション3で当所研究開発のナノ
薄膜による表面改質技術の紹介を通し、製品競争力を支える新素材や新デバ
イス開発に不可欠な細構造技術(ナノテクノロジー)を易しく解説します。

さらに、セッション2では、経済的観点から、くだけながらも話を広げ、大
再編が進行中の日本電子産業の新しい産業「生態系」に、政府・革新機構が
どう構えるべきか、3.11震災対策で米軍が取った対日協力の「トモダチ
作戦」にヒントを得ながら議論します。

後半は、ビズカフェとして、参加者から話題提供やPRを頂き、意見交換・
交流する場を設け、皆様のビジネスネットワーク拡大のお手伝いをします。

詳細は次URLをご参照ください。
http://www.jspmi.or.jp/system/info.php?buid=4&iid=61


(開催概要)

●日時:平成24年8月2日(木)13:30〜17:00(開場13:00)
●会場:機械振興会館 ホール
    東京都港区芝公園3-5-8
   (最寄り駅:東京メトロ神谷町JR、浜松町。)
    なお,東京メトロ神谷町駅から会館まで無料バスが運行しておりま
    す。詳しくは次URLをご覧ください。
     http://www.jspmi.or.jp/system/info.php?buid=1&iid=56

●スケジュール:
13:00 開場(受付開始)
13:30 開会

◆「開催のご挨拶」
  技術研究所 所長  梶村 皓二 

◆「技術が動く!人がつながる!〜テクノフォーラムのご紹介〜」
  企画管理室 室長  木村 利明

〜クロストークセッション〜

◆「攻める!品質管理」
  計量技術部材料試験分析課  天田 勝正・篠原 清・川口 聖司

技術者が日常生活で生じる問題とどのような向き合い解決しているかをわか
りやすく紹介します。皆さんが使う蛇口や携帯電話を題材に問題発生前にで
きる「攻めの品質管理」を語ります。

◆「日本版『トモダチ作戦』をエレクトロニクス分野で構想すると?」
  経済研究所情報創発部  井上 弘基

電子立国とも言われた日本の行き着く先は?大から小までネタはあるが料理
下手になった日本。ビジネス版「トモダチ作戦」提唱に向け、「Bizセンス」
の糾合を。 

◆「ナノで語る!極表面の世界」
  計量技術部精密計測課  山口 誠

先端技術のエッセンスを少し加える事で大きく変化する極表面の世界を紹介
します。身近な製品や省エネ・環境問題にナノの視点で迫り
ます。

15:50 〜ビズカフェ〜 開始(参加者様による「プレゼン」・意見交換)
17:00 閉会(予定)

●費用:無料
●ご参加申し込み:
  WEBページのリンク上の申込書にご記入の上、
  Eメール(forum@tri.jspmi.or.jp)
  又はFAX(042-476-4870)にて、ご連絡ください。

  ※申込書のダウンロード:20120710
http://www.jspmi.or.jp/system/file/1/61/form.pdf

●主催:一般財団法人機械振興協会技術研究所
●問い合わせ先:
    一般財団法人機械振興協会技術研究所
    産学官連携センター(東久留米)連携業務課(担当:長島・五十嵐)
    電話:042-475-1157、FAX:042-476-4870
    Eメール:forum@tri.jspmi.or.jp

                                以上