―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第295号 <2012.6.20>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

★★産学連携イベントのお知らせ★★

 ☆研究・技術計画学会 第27回シンポジウムのご案内☆
「科学技術・人財・グローバル経営(融合)戦略」
― 我々は今どのようなパラダイム変換の中にいるのか、時代認識と対応―

―――――――――――――――――――――――――――――――――

日 時:2012年7月6日(金)13時30分〜19時30分(シンポジウム)、
    19時30分〜20時30分(懇親会)
主 催:研究・技術計画学会 
共 催:早稲田大学 グリーン・コンピューティング・システム研究機構、
    同 研究戦略センター
場 所:早稲田大学 グリーン・コンピューティング・システム研究開発セ
    ンター
    東京都新宿区早稲田町27 案内図
http://www.kikou.waseda.ac.jp/gcs/contact/index.html
 
                         ○開催趣旨:
現在、3.11の東日本大震災や新興国市場の拡大等により大きなパラダイム変
換に直面し、今までの価値観や仕組みでは生き延びていけないということを
国や地方自治体、各企業、各大学が真剣に必死に考え始めています。
今回のシンポジウムでは、産学官のダイナミックな変革の動きを捉えて、今
後の学術とビジネスのあり方、連携・融合を考えてみたいと考え、「経営戦
略」、「科学技術研究戦略」、「人財戦略」という観点から、次の時代を見
据えて他に先んじた取り組みを行っておられる方々にご講演をいただき、パ
ネルディスカッションでは、このようなダイナミックな変革の中で個人・企
業・大学・グループがいかにチャンスをつかむか、というテーマについて議
論いたします。

○プログラム (敬称略)
13:00 開場・受付開始
13:30 開会の挨拶  原 陽一郎氏(研究・技術計画学会 会長)
13:35 シンポジウムの趣旨 久野 美和子(本シンポジウム 実行委員長)
13:40 基調講演 「東レの研究・技術開発戦略」
講師 阿部 晃一(東レ株式会社 専務取締役 水処理・環境事業本
部・知的財産部門・情報システム部門統括技術センター所長)
14:40 講演 「大転換の時代、科学技術の役割と責任」
  講師 有本 建男(独立行政法人 科学技術振興機構(JST) 社会技
術研究開発センター センター長 兼 研究開発
戦略センター 副センター長)
15:25 休憩 
15:35 講演 「社会的課題に応える科学技術研究戦略:真にグローバルな
視点に立ち、基礎研究と応用イノベーションの統合を目指せ」
講師 中辻 憲夫(京都大学教授・物質-細胞統合システム拠点
(WPI ‐iCeMS)拠点長 ベンチャー企業 株式会社リプロセル 創業者)
16:20 講演 「グローバル人財育成・活用戦略」
講師 菅原 明彦(株式会社 日立製作所 理事 グローバル人財本
部 副本部長 兼 ビジネスパートナリング部長 
(兼 J1 柏レイソル 取締役))
17:05 休憩
17:20  パネル討論 「変化の中でいかにチャンスをつかむか」
パネリスト:
菅原 明彦(株式会社 日立製作所 理事 グローバル人財本部 副
本部長)
    岡本 毅(岡本硝子株式会社 代表取締役社長)
持丸 正明(独立行政法人 産業技術総合研究所 デジタルヒューマ
ン工学研究センター センター長 サービス工学研究センター セン
ター長)
東條 吉朗(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
(NEDO)総務企画部長)
   モデレータ:澤谷 由里子(独立行政法人 科学技術振興機構(JST)
社会技術研究開発センター フェロー)
19:20 閉会の挨拶  松島裕一(早稲田大学グリーン・コンピューティング・
システム研究機構長)
19:30 懇親会(同会場で開催、20:30頃終了予定。)

○参加要領
・申込方法:学会サイトhttp://www.jssprm.jp/から申込書をダウンロード
いただき、必要事項をご記入の上、6月29日(必着)までに学会事務局宛に
ファクシミリか郵送でご返送ください。
・参加費 正会員5,000円;学生会員2,000円;非会員6,000円(いずれも資
料代・懇親会代を含む)
・参加費納付方法 下記のいずれかでお願いいたします。
1.事前に郵便振替による場合 00160-4-70197 研究・技術計画学会
2.事前に銀行振込による場合 
  三井住友銀行 渋谷駅前支店 普通 0206284 研究技術計画学会
3.当日会場受付
・問合わせ先:研究・技術計画学会事務局 TEL/FAX: 03-5620-0577 
E-mail: office@jssprm.jp
〒135-8473 東京都江東区深川2-6-11 富岡橋ビル4F
(財)未来工学研究所 気付 

以上