―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第285号 <2012.5.13>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

★★教員公募のお知らせ★★

東北大学産学連携推進本部「特任教授又は特任准教授(知的財産担当)」
公募のお知らせ

―――――――――――――――――――――――――――――――――
新緑の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、東北大学では以下のように特任教員の募集を行っております。
大学における知的財産の活用に意欲の有る方の応募をお待ちしています。

◆東北大学産学連携推進本部「特任教授又は特任准教授(知的財産担当)」
公募のお知らせ◆

○公募人員 1名
○所   属  国立大学法人東北大学 産学連携推進本部
○職  種 特任教授 又は 特任准教授(知的財産担当)
○募集概要 東北大学では、「研究第一主義」「門戸開放」「実学尊重」の
理念の下、産学連携を推進し、大学で生まれた研究成果を権利化し、社会で
の活用を図っています。そして、大学帰属の知的財産を組織的、一元的に取
り扱うための組織として、産学連携推進本部に「知的財産部」を設置してい
ます。本採用者は、知的財産部の主要メンバーとして、産学連携活動の企画
と実務を担います。

○職務内容 
・発明の発掘、発明の評価、特許出願等に関する教職員からの相談対応
・学内向け知的財産マニュアル編集、説明会の企画と実施、学内外広報
・発明の権利化(内外特許出願、権利化手続、代理人との連携等)
・知的財産権の活用(共同出願契約、ライセンス契約、権利の譲渡・維持
管理等)
・研究者、研究室、プロジェクト及び大学発ベンチャーへの支援
・その他、知的財産(特許、著作物、意匠、商標、マテリアル等)に関する
業務
○応募資格 
・望ましくは、企業、大学、特許事務所等にて知的財産業務の経験が3年以
上ある者
・コミュニケーション能力を有する者
・協調性のある者
・大学卒業以上(理系に限る)の学歴を有する者
・望ましくは、弁護士、弁理士、博士、知的財産管理技能検定1級のいずれ
かの資格を有する者
○勤 務 地 〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平2丁目1−1
○採用年月日 平成24年7月1日 以降のできるだけ早い時期
○任  期 平成27年3月31日まで
○給与等の待遇 国立大学法人東北大学給与規程に基づき学歴、職歴等によ
り決定
※採用日から6ヶ月間は試用期間となります。

○勤務時間等 
@1日の通常勤務時間:8:30〜17:15(7時間45分)
A休日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)
B休暇:年次有給休暇を付与、特別休暇(夏季など)

○提出書類
@履歴書 1通 写真貼付
A職歴書(A4版。様式不問)
B「産学連携の推進」、または、「大学知的財産の活用」に関する抱負
(A4版で1000字程度)

○書類提出先 国立大学法人東北大学 研究協力部産学連携課(「親展」扱い)
       〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
担当:産学連携係(蜂谷) TEL:022-217-5907
※応募書類は返却致しませんのでご了承ください。

○提出期限 平成24年6月6日(水)書類必着

○選考方法 提出期限終了後、書類と面接により選考します。

○問合せ先 国立大学法人東北大学 研究協力部産学連携課 蜂谷 俊幸
      TEL:022-217-5907 E-mail:t-hachi@bureau.tohoku.ac.jp

※ 産学連携推進本部の組織、活動等については、下記のホームページをご
覧ください。
URL http://www.rpip.tohoku.ac.jp/

以上