―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第278号 <2012.3.14>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

◆産学連携学会誌『産学連携学』投稿規程等の改定について◆

―――――――――――――――――――――――――――――――――

 産学連携学会では、産学連携学の研究を促進し、会員の皆様からの投稿の
質と量の拡充を図るために、産学連携学会誌『産学連携学』の投稿規程、原
稿執筆要領、投稿申請書、審査規定を改定いたしました。2012年4月1日投稿
申請分より適用させていただきます。詳細は学会HP 
http://j-sip.org/jjsip.htm
をご覧下さい。
 既に投稿され、修正をされての再投稿につきましては、2012年4月1日以降
も従来の査読規程を適用いたします。
 産学連携学8巻1号編集後記でお知らせ申し上げましたように、学術委員会
内に査読ワーキンググループを設置し、査読の妥当性とスピード向上等、皆
様からの投稿環境整備に努めております。
 本誌への投稿は、随時受け付けております。学会誌の刊行は、学会の最も
基本的かつ重要な事業です。会員の皆様の積極的なご投稿をお待ちしており
ます。
投稿区分は、次の通りです。
1) 論文(Original Article)
2) 研究ノート(Research Note)
3) 原稿募集(学術委員会がテーマなどの条件を定めて,会員に原稿を募集)
4) 自由投稿(総説,解説,書評,事例報告,調査報告,資料,トピックス
など)
 その他、執筆に関する詳細は、投稿規程および原稿執筆要領をご覧下さい。

担当:産学連携学会学術委員会


                                以上