―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第277号 <2012.3.14>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

 ◆特定非営利活動法人 産学連携学会 シンポジウム
 アンケート集計結果報告◆
    「オープンイノベーション 〜自前主義から連携重視へ〜 」
―――――――――――――――――――――――――――――――――
宛先:アンケート回答者の皆様
写し:参加者の皆様、産学連携学会会員の皆様

 産学連携学会平成23年度シンポジウムが2012年2月14日(火)午後に東京
都内の学術総合センターで開催されました。
 恒例のアンケートを実施したところ、参加者158名のうち、74名の方
から回答をいただきました。改めて厚くお礼を申し上げます。
 以下では、選択制になっている項目の集計結果を報告します。
 自由記述を含む集計結果および考察については、2012年6月14、1
5日に高知市で開催される産学連携学会第10回大会でポスター発表する予
定です。なお、無回答分の割合については、以下では記載しておりません。
                    (以下の数値は74に対する%)
1.あなたについて教えてください
 (1)性別 男性89   女性9

 (2)年齢 40代31  60代以上27  50代23  30代14
      20代以下0

 (3)所属 民間企業43  学校関係30  公益法人・NPO等8
      官公庁7  学生0  その他8

2.このシンポジウムを何で知りましたか?(複数回答あり)
   メールニュース49  学会関係者24  ホームページ23  
   友人・知人7  チラシ0  その他1

3.シンポジウムに参加した動機は何ですか?(複数回答あり)
   テーマに興味があったから58  業務の参考にするため50  
   関係者や知人等からの勧誘5  その他1

4.このシンポジウムについて教えて下さい。
 (1)内容は理解しやすかったですか?
   分かりやすい67  非常に分かりやすい19
   どちらでもない10  分かりにくい4  非常に分かりにくい0
             

 (2)参考になりましたか?
   参考になった68  大変参考になった17  どちらでもない10
あまり参考にならない6  全く参考にならない0
              

 (3)時間はどうでしたか?
   ちょうどよい86  短かった10  長かった4

 (4)会場はどうでしたか?
   良い78  どちらでもない21  悪い1
  
                                     
5.今後、どのような内容の産学官連携に関するシンポジウムに参加したい
ですか?(複数回答あり)
   産学官連携プロジェクト創出42  産学官連携政策41
   国際展開35  外部機関等とのアライアンス34  地域連携34
   人材育成30  大学発ベンチャー18  知的財産16
   リエゾン活動9  産学連携論9  その他0
                                以上

産学連携学会シンポジウムワーキンググループ

■お問い合わせ先■
   産学連携学会本部事務局(担当 森島、阿部)
   〒182-0026 東京都調布市小島町1-11-6エンケ102
   (株)キャンパスクリエイト調布ブランチ内
   TEL:050−5539−6604 
   FAX:042−490−5727
   E-mail:j-sangaku@j-sip.org