―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第276号 <2012.3.5>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

 第10回 京都大学 国際産官学連携シンポジウム
「ウェブでつなぐ産学連携」

―――――――――――――――――――――――――――――――――

【日時】2012年3月21日(水) 13:30〜16:40(終了後、交流会16:40〜17:40)

【会場】京都大学 芝蘭会館 稲盛ホール
京都市左京区吉田近衛町
    http://www.med.kyoto-u.ac.jp/siran/kotsu.htm

【主催】京都大学 産官学連携本部

【参加費】無料(ただし交流会は二千円)

大学と企業が共同研究や知財ライセンスを推進するために、ウェブを利用し
た情報交流は欠かせないものです。大学で、企業で、情報発信を活用しなが
ら活動されている方々をお招きし、実践的な「Communication」形成のヒン
トを探ります。(同時通訳あり)

【プログラム】
13:30〜13:45 主催者・来賓挨拶

13:45〜14:40「学」から発信:技術移転、共同研究結び付きのヒントを探る

  1)京都大学 産官学連携本部

  2)オークランド大学 オークランド・ユニサービス社
     Auckland UniServices Limited
     General Manager,Technology Development  Will Charles

  3)オックスフォード大学 アイシス・イノベーション社
     Isis Innovation Limited
     Head of Isis Enterprise Asia  Dr. David Baghurst

14:55〜15:40「産」から発信:ニーズをつかんだ情報提供のヒントを探る

  1)P&Gイノベーション合同会社
    「コネクト + デベロップ (C+D): P&Gにおけるオープンイノベー
ション」
     Principal Scientist (Innovation Eco system Manager) 
       Dr. J. Radhakrishnan Nair

  2)BASF SE
    「オープンイノベーション:
     いかにしてアカデミアと産業界との交流を促進するか」
     Technology Incubation, Advanced Materials and Systems
Research
       Senior Vice President  Dr. Jens Rieger

  3)(株)村田製作所
    「グローバル時代の産学連携」
     技術・事業開発本部 技術企画部 担当部長 馬場 康行

15:50〜16:35 パネル・ディスカッション
  『企業が求める国際連携のための情報活用』
   パネラー: 第一部と第二部の講演者v
16:40〜17:40 交流会v
【お申込】v   京都大学 産官学連携本部ホームページよりお申し込みください。
  http://www.saci.kyoto-u.ac.jp/?p=1196 
  申込締切3月7日(水)v
【お問合せ】京都大学 産官学連携本部
  TEL:075-753-5536  E-mail:info@saci.kyoto-u.ac.jp
  FAX:075-753-5538  〒606-8501 京都市左京区吉田本町
  http://www.saci.kyoto-u.ac.jp/

    以上