―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第263号 <2011.11.28>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

★★産学連携イベントのお知らせ★★
「第8回 Bio-Sライフサイエンス・フォーラム〜食と健康科学の交差点〜」
参加者募集(12/14まで)

―――――――――――――――――――――――――――――――――
「さっぽろバイオクラスター構想"Bio-S"」では、標記フォーラムを開催し
ます。
本フォーラムは、「文部科学省地域イノベーション戦略支援プログラム」か
ら創出された研究成果の更なる発展を目指し、さまざまな立場から最新の情
報をご紹介いただきます。
第8回目の今回は特に「食」と「健康科学」の関わりにフォーカスし、研究
開発や人材育成を含めた周辺課題、及び最新動向に関して、北海道内外でご
活躍の先生方にご講演をいただきます。「健康科学」への「食」の貢献につ
いて様々な角度から討論できることを期待しています。

皆様のご参加をお待ちしております。

[日 時] 12月20日(火)13:00〜17:30(受付 12:30〜/情報交換会 17:45〜)

[場 所] 札幌グランドホテル 3階 GINSEN
(札幌市中央区北1条西4丁目)
http://www.grand1934.com/access/index.html

[内 容]
○「食品の免疫調節作用−腸管免疫と腸内細菌を中心に」
  上野川 修一 氏(日本大学 生物資源科学部食品生命学科 教授)

○「健康食品の問題点とその解決への提案」
  長村 洋一 氏(鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部医療栄養学科 教授)

○「食品機能とストレス制御」
  武田 英二 氏(徳島大学 大学院ヘルスバイオサイエンス研究部臨床栄
  養学分野 教授)

○「高度脂質分析ラボが目指す健康イノベーション」
  千葉 仁志 氏(北海道大学 大学院保健科学研究院 教授)

○「”Bio-S”共通基盤事業を活用した「食と健康」の拠点づくり」
  西平 順 氏(北海道情報大学 医療情報学科 教授)


[対 象]
Bio-S参画研究者、バイオ関連研究者(企業、公設試を含む)、大学生、大
学院生、産学連携従事者

[参加費]
無料 (終了後、情報交換会(会費3千円(学生1千円))

[申込み]
12月14日(木)までFAX、電話、申込フォームまたはE-mailにてお申し込み下
さい。

※E-mailにてご連絡の際には、表題に【第8回Bio-Sライフサイエンス・
フォーラム参加希望】と記載のうえ、氏名・ご所属をご連絡ください。

[問い合せ先]
さっぽろバイオクラスター“Bio-S”
知的クラスター本部(担当:本間/中野)
TEL:011-757-2290(ノーステック財団内)
E-mail:mailto:k-cluster@noastec.jp

※プログラム・申込方法等詳細は、下記URLからご覧ください。
http://www.hisc.co.jp/mcontents/news/mcdetail.php?k_id=10&g_id=1&kj_cd=15010

以上