―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第261号 <2011.11.24>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

★★【Dialogue for Global Innovation〜基礎研究の経済的・社会的インパクト
に関する検討〜】開催のご案内★★
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆Dialogue for Global Innovation〜基礎研究の経済的・社会的インパクト
に関する検討〜◆

 ○日程: 2011年12月1日(木)10:00〜17:50
             
 ○研修目的:シンポジウム形式で、イノベーション、基礎研究の経済的・
社会的インパクト、といったテーマに関する議論を深める。

 ○研修概要:政策研究大学院大学ライフサイエンス政策研究プロジェクト
では、「基礎研究の経済的・社会的インパクトの測定と、それを最大化する
ための方策」を検討テーマの一つとして、活動を行ってきた。今回は、ライ
フサイエンス関連分野、ならびに比較対象となる他の分野に関して、国内外
のスピーカーから事例をご提示いただき、基礎研究のインパクトに関する考
察を深める。また、日英のイノベーション研究者の交流を促進し、今後両国
間の協力関係を一層深めるための契機としたい。

 ○対象:産学官いずれかにおいて、研究開発、イノベーションならびにそ
れらのマネジメントに関与していらっしゃる方々、ならびに、科学技術イノ
ベーション政策にご関心をお持ちの方々。

 ○主催:政策研究大学院大学 ライフサイエンス政策研究プロジェクト

 ○助成:社団法人東京倶楽部

 ○後援(予定):社団法人日本工学アカデミー、研究・技術計画学会、
日本開発工学会、知的財産マネジメント研究会(Smips) ほか

 ○会場:政策研究大学院大学 想海楼ホール
(東京都港区六本木7−22−1)
 http://www.grips.ac.jp/jp/about/access.html

 ○参加費:無料
     
 ○申込締切:2011年11月30日(水)

 ○問合先:政策研究大学院大学・隅藏(sumikura@grips.ac.jp)まで。

**********************プログラム***********************

司会 隅藏康一(政策研究大学院大学 准教授)
10:00−10:05 開会の辞 白石隆(政策研究大学院大学 学長)
10:05−10:45 基調講演 イノベーションのための政策
黒川清(政策研究大学院大学教授)
10:45−11:25 基調講演 理化学研究所における産学連携とイノベーション
丸山瑛一(政策研究大学院大学 客員教授)
11:25−12:10 基調講演 イノベーション研究の潮流
Professor Sir Michael Gregory, Institute for
Manufacturing, University of Cambridge.

12:10−13:30 Lunch

13:30−15:50 様々な分野におけるイノベーション事例と基礎研究の関与
(20分×7名)
司会 桑原裕(株式会社GVIN代表取締役)
(1)情報通信の事例
  James Collier, Founder and Former CTO, Cambridge Silicon Radio.
(2)ハードディスク技術の事例:グローバル企業と大学の相互作用
  David Williams, Laboratory Manager, Hitachi Cambridge
Laboratory, UK.
(3)自動車の事例
  沼澤成男(株式会社デンソー 技術開発センター新事業開発室長兼技術 企画部主幹)
(4)エレクトロニクス・半導体の事例
  牧本次生(半導体産業人協会 理事長)
(5)食品の事例:脳・腸管連関を介した食用グルタミン酸シグナリングの
生理機能
  鳥居邦夫(味の素株式会社 名誉理事)
(6)応用脳科学の事例:非侵襲脳機能イメージングを通じて立ち上がる新
領域
  小泉英明(株式会社日立製作所 役員待遇フェロー)
(7)政策研究大学院大学ライフサイエンス政策研究プロジェクトの調査結

  齋藤裕美(千葉大学 法経学部 准教授)

15:50−16:10 Break

16:10−17:40 パネルディスカッション
モデレータ:隅藏康一(政策研究大学院大学 准教授)
パネリスト:
上記講演者
有本建男(科学技術振興機構 社会技術研究開発センター センター長)
塚本芳昭(バイオインダストリー協会 専務理事)
17:40−17:50 閉会の辞 永野博(政策研究大学院大学 教授)
18:00−19:00 懇親会(シンポジウム会場と同フロアで行います。
シンポジウムご出席の方は、どなたでも懇親会にご参加いただけます。参加
無料です。)

●詳細な研修案内・参加申込書等はこちら
 http://dgi.grips-symposium2011.info/

以上