―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第253号 <2011.10.31>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

★★産学連携イベントのお知らせ★★

 【第4回地域づくり連携サミットin庄原】開催のご案内

―――――――――――――――――――――――――――――――――


秋冷の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、本機構では以下のようなシンポジウムを企画いたしました。
皆様のご参加をお待ちいたしております。
同僚の方、後輩の方々やご関係者へ広くお知らせ頂ければ幸いです。


◆第4回地域づくり連携サミットin庄原◆

○日程:
2011年11月25日(金)13:30〜17:30
     26日(土)9:00〜16:30頃
             
○研修目的:
 人口減少や少子高齢化、経済のグローバル化の進展など社会環境が大きく
変化しています。こうした中、地域の熱意により、固有の資源を活用し、地
域に軸足を置いて主体的に展開される様々な地域づくりや産業おこしが、新
たな活力発進の源流として大いに期待されています。本サミットは、「中山
間地域における地域資源を活用した地域づくり」をテーマとし、中山間地域
の「民間力」に着目し、地域資源の活用、住民や行政との協働などにより、
先見性を持って持続可能なまちづくりや産業おこしに取り組み、成果をあげ
ている地域から、取組みの中核をなす多彩な担い手(民間キーパーソン)を
お招きし、それぞれの経営理念や成功要因を学ぶとともに、地域の再生に向
けた力強いメッセージを発信するものです。
 今回は、自然環境豊かな地域資源を活かして昨年から着地型観光「庄原さ
とやま博」を開催しており、しかも、県立広島大学(庄原キャンパス)など
のアカデミックな人材の宝庫でもある広島県庄原市にて「中山間地域におけ
る食と観光」をサブテーマとして開催するものです。

○研修概要:
基調講演、専門ミニ講義、リレートークセッション、交流会、食と体験のお
もてなしツアー
    

○主催:
中国経済産業局、庄原市、県立広島大学、しょうばら産学官連携推進機構、
社団法人中国地域ニュービジネス協議会


○後援:
農林水産省中国四国農政局、国土交通省中国地方整備局、国土交通省中国運
輸局、広島県、独立行政法人中小企業基盤整備機構中国支部、中国圏広域地
方計画協議会、中国地方中山間地域振興協議会、公益財団法人ひろしま産業
振興機構、中国地域CB/SB推進協議会、特定非営利法人産学連携学会、
広島経済同友会備北支部、 社団法人庄原法人会、社団法人庄原青年会議所、
庄原市観光協会連合会、グリーンウインズさとやま共同体 備北公園管理セ
ンター

○会 場: 庄原市民会館

○参加費: サミットについては不要 
      交流会参加費 4000円(定員150名)
      食と体験のおもてなしツアー 高野町コース:3600円 
東城町コース:3900円
○申込締切:宿泊予約有り 2011年10月31日(月) 
*10月31日以降は、要相談
      宿泊予約無し 2011年11月15日(火)
○申込先: FAX: 0824-75-0172
HP: http://www.shobara.net/shobara-summit/
○お問い合わせ先
 ・サミット及び交流会に関するお問い合わせ先
  中国経済産業局 総務企画部 企画担当
TEL:082-224-5626 FAX:0824-224-5641
  しょうばら産学官連携推進機構 TEL:0824-72-2121 FAX:0824-72-6608
 ・宿泊及び「食と体験のおもてなしツアー」に関するお問い合わせ先
  庄原市観光協会連合会 TEL:9824-75-0173 FAX:0824-75-0172

**********************プログラム***********************
11月25日(金)

13:30〜開会挨拶     庄原市長 滝口季彦
               中国経済産業局長 井辺國夫
     
13:45〜基調講演
「ゆずを中心とした馬路村での地域活性化の取り組みについて」
    東谷望史氏(馬路村農業協同組合 代表理事組合長)

14:45〜専門ミニ講義
   「地域資源を活かした食品加工―機能性と高付加価値化の面から―」
武藤徳男氏(県立広島大学 生命環境学部長)
   「観光まちづくり、風土を巡るツーリズム―国内の取り組み事例―」
   井口梓氏(愛媛大学 法文学部 特命准教授)

15:35〜リレートークセッション
「中国地域の先進的取組と庄原市内の取組」
   モデレーター:岡田基幸氏(財団法人上田繊維科学振興(AREC)理事・
          事務局長 信州大学 繊維学部 特任教授(産学官地
          域連携) 工学博士)
   コメンテーター:武藤徳男氏、井口梓氏
   庄原市事例 :末長秀紀氏(庄原市観光協会連合会 企画員)
          西田学氏(庄原焼きプロジェクト連絡会議 会長)
          吉野智之氏(県立広島大学 生命環境学部 准教授)
   中国地域事例:柄木孝志氏(NPO法人大山中海観光推進機構 理事)
          松尾透氏(うんなんスパイスプロジェクト 代表、
          牛g梅しょうゆ 代表取締役)
          近藤浩幸氏(つやま新産業創出機構 産業活性化アド
          バイザー)
          中野千鶴子(企業組合うつい工房 理事長)

18:30〜交流会「「地域ビジネスリーダー」たちを囲む会」


11月26日(土)
9:00〜 食と体験のおもてなしツアー


●詳細な研修案内・参加申込書等はこちら
 http://www.shobara.net/shobara-summit/

以上