―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第236号 <2011.7.25>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

1.産学連携学会第9回大会
   一般講演&オーガナイズドセッション 座長報告(5)

 −人材育成1−               山口大学 李鎔m
 −人材育成2−               同志社大学 杉岡秀紀
 −知的財産−                北見工業大学 鞘師守
――――――――――――――――――――――――――――――――――
−人材育成1−                山口大学 李鎔m

6月16日(木) 第1日目 D会場 (13:00〜14:00)
本セッションでは、4件の発表があった。山形大学の阿部らは、地域中小企
業の若手経営者を対象として開講した「経営者塾」について紹介し、若手経
営者の経営改善意識の向上を図る契機として有用であることを示した。北海
道科学技術総合振興センターの本間は、大学生・社会人を対象とした食品、
特に健康食品開発に関わる特色ある人材育成プログラムの開発と実施実績に
ついて述べ、地域特性を考慮した展開の可能性を示した。長崎大学の嶋野氏
らは、行政と連携した、長崎の産業構造を踏まえ受講者が自ら自社の将来を
戦略的に考えることを柱とした経営人材育成セミナーの取組みついて紹介し
た。同志社大学の杉岡氏は、産学公NPOの連携によるマルチセクターを意識
した教育・研修プログラムの質保証(社会的認証)のための仕組み作りについ
ての工夫を述べ、資格教育プログラム(地域公共政策士)まで昇華させた「能
力の見える化」に向けた一つのモデルを提案した。
--------------------------------------------------------------------
−人材育成2−                同志社大学 杉岡秀紀

6月17日(金) 第2日目 D会場 (13:00〜14:30)
本セッションでは、6件の発表があった。林靖人(信州大学)「ブランドマ
ーケティングの実践教育・研修と産学官連携による地域ブランド製品の開発」
からは、社会科学系の産学官連携、とりわけ「黒部ダムカレー」などの地域
ブランドに注目した地域との課外活動の人材育成事例の報告があった。大村
佳之ら(三重大学)「イノベーター養成のためのサンドイッチ教育」からは、
地域イノベーション学研究科における企業経験を持った教員とR&D専門の教
員による「サンドイッチ教育」という若手研究者養成の事例の報告があった
。 石川洋平ら(佐賀大学)「高専・大学におけるベンチャー教育の可能性につ
いて」からは、自身の起業経験も踏まえ、高専におけるビジネスプランコン
テストを通じてのベンチャー教育の可能性についての報告があった。李ら
(山口大学)「産学公連携を通じた企業等で即戦力となる人材教育」からは、
就業機会にめぐまれなかった修士・博士を対象とした企業の即戦力となる人
材教育についての報告があった。山岸大輔ら(鳥取大学)「鳥取大学におけ
る知的財産インターンシップ事業」からは、「知的財産インターンシップ」
という知財に特化したインターンシップ事業についての報告があった。最後
に、本多武ら(電気通信大学)「インターンシップ 学生、企業から見た最
近の動向」からは、12年間のインターンシップを振り返りつつ、昨今の学生
と企業のインターン動向についての報告があった。以上、6件の発表を通じ
て、@人材育成の幅が分野も文系から理系まで幅広な産学連携に渡っている
こと、A次に対象年齢も学部生から博士課程まで、また、その対象も大学の
みならず地域のステークホルダーをも巻き込む形で広範に広がっていること
が確認できた。
--------------------------------------------------------------------
−知的財産−                 北見工業大学 鞘師守

6月17日(金) 第2日目 B会場 (13:00〜14:30)
本セッションでは 6件の発表があった。本間(電気通信大学)は重要性を
増しつつあるソフトウエアの著作権に注目し、大学の対応を紹介・議論した。
鈴木(国立遺伝学研究所)は生物多様性条約が及ぼす産学官連携活動への影
響について考察し、留意すべき点を提示した。藤原ら(長崎大学)はTLO
解消を受けた大学の知財体制確保について紹介し、体制整備の方策を議論し
た。小林(信州大学)は大学保有特許の活用推進努力について紹介し、有望
な手法を提案した。山口(千葉工業大学)は特許出願情報から産学官連携の
状況を解析する新たな手法を用い、ナノ構造物分野での連携動向を分析した。
大屋ら(国立循環器病研究センター)は大学が生む特許の「社会性」につい
て議論し、新たな特許評価ガイドを提案した。会場では、これら知的財産活
動の根幹に関わる課題・新たな検討課題などについて活発な意見が交わされ
た。さらなる議論の深まりを期待したい。
--------------------------------------------------------------------
※大会プログラムへのリンク
http://www.j-sip.org/annual_meeting/9th_2011/program4.pdf
--------------------------------------------------------------------
以上