―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第225号 <2011.6.3>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

★★産学連携イベントのお知らせ★★

 【山梨大学 第10回個別技術相談会(in 東京)】開催のご案内

―――――――――――――――――――――――――――――――――
 山梨大学では、第10回個別技術相談会(in 東京)を開催いたします。
 企業と研究者が個別に面談をして、研究者本人による研究紹介とともに、
事前にヒアリングさせて頂きます企業様の相談内容について、何らかの提案・助言
を行います。下記URLより研究者紹介をご覧頂き、研究内容についてもっと詳しく知
りたいという方々、 今抱えている技術的な課題・問題について相談したいという
方々、どうぞこの機会を活用し、お気軽にご相談ください。
大学と企業との研究開発を支援する公的な支援制度もあります。
ご要望があればコーディネータが助成制度について説明させて頂きます。
皆様のご参加をお待ちしております。 

◆山梨大学 第10回個別技術相談会(in 東京)◆

○日程: 2011年7月12日(火)13:00〜17:00

○形式:本学研究者と企業との1対1の面談形式で行い、研究者の研究紹介とともに、

企業からの技術相談に応じます。
○対象:企業の方

○主催:国立大学法人 山梨大学

○会場:キャンパス・イノベーションセンター東京2階 多目的室2及び3
<所在地>:東京都港区芝浦3-3-6

○参加費:無料
 
○申込締切:2011年6月28日(火)

○問合・申込先:山梨大学 産学官連携・研究推進機構 地域連携室 担当:還田、矢納

         〒400-8510 山梨県甲府市武田4-4-37
         Tel:055-220-8759 Fax:055-220-8757 Email:
renkei-as@yamanashi.ac.jp

********************** 参加研究者から一言 ***********************

○園家 啓嗣(機械システム工学科)
製品の耐久性や長寿命化について一緒に考えてみませんか。
耐熱、耐摩耗、耐食、接合等、各種目的に応じた最適な加工法や材料についてご提案いた
します。

○水口 義久(機械システム工学科)
超音波の医学工学への応用研究について30年間に渡り取り組んでいます。超音波は人体
に無害であり、特に医療診断機器としては、骨粗鬆症診断装置や骨接合用髄内釘横止め穴
の位置検出装置の製品化を目指しています。工学応用では、ボルト締結時における接触圧
力分布やボルト軸力の測定、接着やスポット溶接された機械構造物の非破壊検査評価など
の研究も行っています。企業の皆様からの製品化に向けたご相談を歓迎します。
また、超音波技術に関してもご相談下さい。

○秋津 哲也(電気電子システム工学科)
主に大気圧プラズマとその応用技術について研究してきました。パルス放電によるプラズマ
の発生から、プラズマによる表面処理、滅菌などの応用技術、またQCMへ応用した各種センサー
など、私の研究内容に少しでも興味があればお気軽にご相談ください。

○宇野 和行(電気電子システム工学科)
誰でも(専門家でなくても簡単に操作可能な) 、どこでも(ポータブルな小型装置で)、

いつでも(メンテナンス・フリーで) 、すぐに動作する(ウォームアップ・フリーでボタン1つ
で) 、低コスト(材料費30万円程度の)、高性能な(単一横モード発振・高繰り返し・
高安定性etc。) レーザー(真空紫外(VUV) から赤外(IR) で発振するレーザー)というコ
ンセプトで軸方向放電励起気体レーザーの研究を行っています。今お使いのレーザーに課題・
問題をお持ちの方、研究内容に興味をもたれた方、お気軽にご相談ください。

○小野島 紀夫(電気電子システム工学科)
有機半導体の研究をしています。静電スプレー堆積法による有機半導体トランジスタの作
製、分子配向制御によるトランジスタ性能向上などに取り組んできました。有機エレクトロニ
クス分野での問題解決の力になれるものと思います。また、過去の研究実績から無機半導
体分野での結晶成長、デバイス技術についてもご相談に応じることができます。問題を共有
する中で新しいものを生み出していきましょう。

○佐藤 隆英(電気電子システム工学科)
集積回路および電子回路全般が研究の対象です。特にアナログ回路の設計を得意としています。
トランジスタレベルでの回路構成の工夫等により、様々な回路の特性向上や仕様の実現をお手
伝い致します。

○小川 覚美(教育人間科学部 技術教育講座)
各種用途のアナログ電子回路やアナログCMOS集積回路の設計、様々なセンサの信号処理回路
について相談に応じることができます。企業の皆さまが直面している問題を知り、一緒に共
有する中で、新しいものを生み出すことができればと考えています。

○和田 智志(応用化学科)
電子セラミックス、または一般的なセラミックスはもとより、それらを用いたデバイスについて、
ぜひお気軽にご相談ください。

研究者紹介はこちら
 http://sangaku.yamanashi.ac.jp/event/post_20.html

●詳細な案内・参加申込書等はこちら
 http://sangaku.yamanashi.ac.jp/event/post_20.html

以上