―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第213号 <2011.2.17>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

★★産学連携イベントのお知らせ★★

  「全国若手産学官連携実務者勉強会」へのお誘い
―――――――――――――――――――――――――――――――――

春寒の候、ますますご清栄の段、お慶び申し上げます。
 本勉強会は「実務的な立場で産学官連携活動を行っている若手が集い、
各課題解決に向けた勉強を行なう会」を目的とし、
平成20年7月にスタートさせ、継続的な開催を行っております。
これまで、各機関における産学官連携の現状や、
実務にて困っている事例等について率直な意見交換を行い、
具体的な課題解決となるべく議論・情報交換を行ってきました。

今回は、これまでに勉強会へご参加いただきました方々からのご意見を参考とし、
実際に現場を見て議論するという形式での勉強会開催を試みる形と致しました。
3月17日(木)、18日(金)に川崎市にて開催される
「第3回かわしんビジネスフェア(http://www.kawashin.co.jp/e0businessfair/)」
の機会を捉え、会場の視察も通し、
年間何十回も各地にて開催される産学官交流展示会において、
どのような視点で出展などを検討されているのか、
主催者や出展者側の目的を踏まえた出展判断および出展内容の検討などについて、
議論を行いたいと考えております。

大学・産業界において産学連携活動に取り組む、
多くの若手産学官連携実務者有志にご参加いただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

                      記

 日 時 : 平成23年3月17日(木)18:00〜21:00
(かわしんビジネスフェアに関しては、各自でご視察ください。)
 場 所 : 日本医科大学 武蔵小杉病院 南館講堂
       (〒211-8533 神奈川県川崎市中原区小杉町1-396)
 参加費 : 無 料(定員20名程度)
※参加申込状況により、1機関からの参加人数を制限させて頂く場合があります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
勉強会アジェンダ:

18:00〜18:10 @勉強会の内容について趣旨説明
              北見工業大学 地域共同研究センター 内島 典子
18:10〜20:10 Aディスカッション
          ・今回のディスカッションテーマ
              「産学官交流展示会への出展判断の視点」
          ・参加者グループ討議
20:10〜21:00 Bディスカッションとりまとめ報告
          ・参加者全体議論

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【 申込について 】

参加希望者は、平成23年3月4日(金)までに、
下記、URL参加申込みフォームより登録の方、お願い申し上げます。
3月4日(金)以降の申込み希望および勉強会への問い合わせにつきましては、
以下までご連絡ください。

尚、申込多数の場合、申込期限前に締め切らせて頂く場合があります。
あらかじめ、ご了解ください。

参加申込みフォーム:http://zeus.mtrl.kitami-it.ac.jp/cgi-bin/ezmail/mail.cgi?id=uchijima2

【 申込・本件に関する問い合わせ先 】
●国立大学法人 北見工業大学 地域共同研究センター 内島 典子
  TEL:0157−26−4168 E-mail uchijima@crc.kitami-it.ac.jp
●学校法人 日本医科大学 知的財産推進センター 都甲 吏恵
  TEL:03−5802−8724 E-mail toko@nms.ac.jp

以上