―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第211号 <2011.1.28>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

★★東北大学産学連携推進本部「特任教授(国際産学連携担当)」
                                  公募のお知らせ★★

―――――――――――――――――――――――――――――――――

寒さ厳しき季節、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、東北大学では以下のように特任教授の募集を行っております。
国際的な産学連携の推進に意欲の有る方の応募をお待ちしています。

◆東北大学産学連携推進本部「特任教授(国際産学連携担当)」公募◆

○公募人員 1名

○所   属  国立大学法人東北大学 産学連携推進本部

○職 種 特任教授(国際産学連携担当)

○募集概要 東北大学では、国際的な産学連携を推進するため、その中核的な
組織として産学連携推進本部に国際連携部を設置しています。
特任教授(国際産学連携担当)は、国際連携部に所属する国際産
学連携コーディネーター等の実施する業務をとりまとめ、中心的
役割を果たします。

○職務内容 ・企業等(海外企業を含む)と東北大学との産学連携(共同研究
等)に関するコーディネート及びリエゾン(対外窓口・仲介・
橋渡し)業務
・シンポジウム等広報活動・情報発信事業の企画・立案・実施
・国際連携部の業務の企画・立案・実施
・国際連携部の業務の統括
・その他産学連携に関する業務

○応募資格 ・企業、大学等の産学連携業務の経験がある者(または産学連携
の推進に意欲を有する者)
・英語・日本語によるコミュニケーション能力を有する者
・研究内容等技術的事項についてある程度の理解ができる者
・大学卒業以上(理工系が望ましい)

○勤 務 地 〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平2丁目1−1

○採用年月日 平成23年4月1日 以降のできるだけ早い時期

○任 期 平成25年3月31日まで

○給与等の待遇 国立大学法人東北大学給与規程に基づき学歴、職歴等により決定
※採用日から6ヶ月間は試用期間となります。

○勤務時間等 @1日の通常勤務時間:8:30〜17:15(7時間45分)
A休日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)
B休暇:年次有給休暇を付与、特別休暇(夏季など)

○提出書類 @履歴書 1通 写真添付
Aこれまでの業績の概要(A4版で1枚(1000字)程度)
B国際産学連携活動に関する抱負(A4版で1枚(1000字)程度)

○書類提出先 国立大学法人東北大学 研究協力部産学連携課(「親展」扱い)
〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
担当:専門職員(蜂谷) TEL:022-217-5907
※応募書類は返却致しませんのでご了承ください。

○提出期限 平成23年3月1日(火)書類必着

○選考方法 提出期限終了後、書類と面接により選考します。

○問合せ先 国立大学法人東北大学 研究協力部産学連携課 蜂谷 俊幸
TEL:022-217-5907 E-mail:t-hachi@bureau.tohoku.ac.jp

※ 産学連携推進本部の組織、活動等については、下記のホームページを
   ご覧ください。
URL http://www.rpip.tohoku.ac.jp/

以上