―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第209号 <2010.12.28>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

★★産学連携学会第9回大会開催のお知らせ★★

産学連携学会第9回大会(佐賀大会)開催案内(第一報)

―――――――――――――――――――――――――――――――――

産学連携学会第9回大会(佐賀大会)開催案内

1.開催の趣旨・目的
 特定非営利法人産学連携学会は、産学官連携の発展と、それに従事する人
たちの資質向上を通じて地域の振興に寄与することを目的に活動をしており
ます。今回、産学連携学会第9回大会は、産学官連携に従事する人たちが、
集い、それぞれの活動内容について発表し、お互いの活動に役立てることを
目的に開催をいたします。他地域の事例を知ることにより、参加者は、また
新たな産学官連携の活動の展開が見込まれると考えており、そのことは産学
官連携の発展だけでなく、地域の振興にもつながるものと信じております。

2.日 時 
平成23年6月16日(木)〜17日(金)

3.方 法
(1)会場
  講演会
    アバンセ
    (佐賀県立男女共同参画センター・佐賀県立生涯学習センター)
    〒840-0815 佐賀県佐賀市天神三丁目2-11 どんどんどんの森内
  情報交換会
    四季彩ホテル 千代田館
    〒849-0916 佐賀市高木瀬町東高木216-1 TEL:0952-32-5115

(2)事業概要
1)研究成果の発表(オーラル100件、ポスター15件)
2)招待講演
3)テーマ別シンポジウム
4)産学連携に係る展示等
5)予稿集の発行
6)その他

(3)組織
<大会事務局> 
 国立大学法人佐賀大学 産学官連携推進機構内
  産学連携学会第9回大会実行委員会
   大会長 国立大学法人佐賀大学学長          佛淵孝夫
   実行委員会 実行委員長 国立大学法人佐賀大学産学官連携推進機構
                副機構長・教授      佐藤三郎
<実行委員会組織>
  実行委員長 国立大学法人佐賀大学産学官連携推進機構
                    副機構長・教授  佐藤三郎
大会顧問   九州大学教授(産学連携学会初代会長)  湯本長伯
その他

(4)共催・後援(予定)
主催 特定非営利活動法人 産学連携学会
共催 国立大学法人 佐賀大学
後援(予定)
  内閣官房知的財産戦略推進事務局、文部科学省、経済産業省、農林水
 産省、九州経済産業局、社団法人九州経済連合会、社団法人九州ニュー
 ビジネス協議会、佐賀県、財団法人佐賀県地域産業支援センター、佐賀
 県市長会、佐賀県町村会、佐賀県商工会議所連合会、佐賀県商工会連合
 会、佐賀県中小企業団体中央会、佐賀県経営者協会、佐賀経済同友会、
 西九州大学、佐賀市、唐津市、佐賀県機械金属工業会連合会、独立行政
 法人科学技術振興機構(JST)、独立行政法人中小企業基盤整備機構、
 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、独立行政
 法人産業技術総合研究所九州センター、JSTイノベーションプラザ福岡
協賛 
 佐賀銀行、佐賀共栄銀行、日本政策金融公庫佐賀支店(中小企業事業)、
 商工組合中央金庫佐賀支店
(5)大会参加費(大会予稿集代含む)
 正会員/個人法人(予約) 5,500円 (非予約) 6,000円
 非会員 (予約) 8,000円 (非予約) 9,000円
 正会員/学生 (予約) 2,500円 (非予約) 3,000円

4.参 考
 今後の実行委員会では、以下のようなタイムスケジュールで大会の実施
について準備を予定しています。
<タイムスケジュール>
平成22年10月 日程、会場の決定、共催、後援、協賛の依頼
 招待講演者、シンポジウムの企画提案、発表者の募集の方法等について
 の検討
平成23年1月 シンポジウム、招待講演の依頼
      大会案内の送付
      予約受付開始(5月まで)、発表受付開始(4月末日まで)
平成23年4月 発表予稿 締め切り、プログラム編成、座長選出と依頼
平成23年5月 プログラム編成終了、予稿集編集終了
平成23年6月 予稿集の発送
平成23年7月 大会終了後 決算書及び報告書の作成

以上