―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第198号 <2010.10.15>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

★★知的資産経営WEEK2010「知的資産経営における技術士の役割」
―営業秘密管理と安全保障貿易管理の視点から− のご案内★★

            主催 社団法人 日本技術士会
―――――――――――――――――――――――――――――――――
●「知的資産経営」とは?
特許やノウハウ・ブランド等の「知的財産」のみにとらわれず、人材、技術、組
織力、顧客とのネットワーク等、企業の競争力の源泉となる目に見えない資産(「
知的資産」)を有効に組み合わせて活用していくことを通じて収益につなげる経営
のスキームをいいます。
★知的資産経営WEEK
今年で6回目を迎える「知的資産経営WEEK2010」では、知的資産経営の実現に資す
る情報開示とそのステークホルダーからの評価、知的資産を活かした価値創造、知
的資産の把握やその情報開示の際に重要となる営業秘密管理などについて、産業界
、企業支援者、大学関係者、中央・地方の政府関係者から、事例の紹介、各々の果
たすべき役割、今後の展望・方向性などについて議論を重ねることで、知的資産経
営施策の更なる推進を目指しています。
(財)知的資産活用センター http://www.jiam.or.jp/CCP.html

「知的資産経営WEEK2010「知的資産経営における技術士の役割」」 の詳細告知&
申込受け付けサイトのURLは下記になります。
http://kokucheese.com/event/index/5012/
奮って、ご参加申し込みのほど、お願い申し上げます。

(1) 行事名称: 知的資産経営WEEK2010「知的資産経営における技術士の役割」
―営業秘密管理と安全保障貿易管理の視点から−
(2) 開催日時: 平成22年11月29日(月)13;00〜17;30
(3) 開催場所: 東京海洋大学・楽水会館(東京都港区港南4-5-7)
JR線・京浜急行線 品川駅港南口(東口)から徒歩約10分
(4) 主 催: 社団法人 日本技術士会
(5) 後援予定: 経済産業省/中小企業庁、(独)中小企業基盤整備機構
(6) 行事企画・運営: 社団法人 日本技術士会 活用促進委員会・中小企業交流
実行委員会
(7) 開催主旨:知的資産経営の推進に当たって、技術士がどういった形で寄与でき
るのかを、営業秘密管理と安全補償貿易管理の視点から、技術士の役割と活用促進
について認知していただくことを目的とし、開催する。
(8) プログラム:
13:00−13:05 主催者挨拶 日本技術士会 活用促進委員会 委員長 渋谷 貞雄
13:05−13:55 基調講演@
(50min) 「営業秘密管理指針について―中小企業も対象に―」
講師 経済産業省 経済産業政策局 知的財産政策室長 中原 裕彦 様
13:55−14:25 講演
(30min) 「営業秘密管理指針に対する技術士の取り組みについて」
講師 (社)日本技術士会登録「知財コンサルティングセンター」副会長
 秋葉 恵一郎
14:25−14:55 講演
(30min) 「営業秘密管理に関する技術士の業務事例について」
講師 (社)日本技術士会登録「科学技術鑑定センター」顧問(前会長)
 武藤 文男
14:55−15:10 休 憩
15:10−16:00 基調講演A
(50min) 「安全保障貿易管理制度について」
講師 経済産業省 貿易経済協力局 貿易管理部 安全保障貿易検査官室
宮本 貴通 様
16:00−16:30 講演
(30min) 「安全保障貿易管理に対する技術士の取り組みについて」
講師 (社)日本技術士会 活用促進委員会 委員 中村 博昭
(社)日本技術士会登録「コンプライアンス&リスクマネジメントセンター」
(CP&RMセンター)センター長
16:30−17:00 講演
(30min) 「安全保障貿易管理に関する技術士の業務事例について」
講師 (社)日本技術士会登録「CP&RMセンター」副センター長
 梶 克広
17:00−17:25 質疑応答・フリーディスカッション
17:25−17:30 閉会挨拶 日本技術士会 中小企業交流実行委員会
委員長 二宮 孝夫
(9)対象者・人数
       中小企業、金融機関、一般、技術士、大学関係者、国研・公設試・
地方自治体
関係者など 100名(先着順)
(10) 本件照会先
社団法人 日本技術士会 事務局 三上彰久
Tel : 03-3459-1331 Fax : 03-3459-1338 Mail : amikami@engineer.or.jp


以上