―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第189号 <2010.7.16>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

★★産学連携論、知的財産論に関するアンケート★★
産学連携論、知的財産論の研究や教育活動に関する情報提供のお願い

―――――――――――――――――――――――――――――――――

                    特定非営利活動法人産学連携学会
                        会長 伊藤正実

 学会員各位にはますますご清祥のこととおよろこび申しあげます。
おかげさまで学会誌の定期刊行、全国大会や秋季シンポジウムの開催、
ニュースレターの刊行など、学会としての活動は順調に行なわれており、
これも会員各位のご協力のおかげと存じております。

 さて本学会理事会では、学会設立以来の悲願である「学の確立」に向けた
今後の方向の検討のため、また科学研究費補助金の「系・分野・分科・細目表」
に当該分野のキーワードの掲載を要望することを目的に、特に産学連携論、
知的財産論の研究活動や教育活動に関して広く学会員のみなさまから
情報提供いただくことといたしました。

 現在、日本学術振興会では平成22年8月27日を締切として「系・分野・分科・
細目表」に関する意見の募集を行なっており、本学会からも意見書を提出したい
と考えています。
会員各位には企業に職をお持ちで大学教育に直接は従事されていない方々も
おられますが、ご自身のお考えもおたずねしておりますので、回答いただける
部分についてはぜひお願いいたします。

 本学会は「知の生産」から「知的財産権化・知的資産化」を経て、「知の活用」
に至る一連の過程を問題関心の対象としておりますが、提供された情報に
基づいて、さらに以下の項目取り組んでいく予定でおります。

 ・ 産学連携や知的財産、およびこれらに関係する研究活動の活性化
 ・ 産学連携論、知的財産論における「学の確立」と産学連携・知的財産に関す
る教育体制の充実
 ・ 講義、演習、実習等に関わるプログラムの整備
 ・ 産学連携・知的財産学(仮称)の社会的認知

 アンケートはこちらのファイルにご記入いただいたうえ、お手数ですが、
8月10日までに下記アドレスにご送信いただけるようお願いいたします。
いただいた情報に個人情報が含まれる場合は、本学会のプライバシーポリシー
に基づき、本お願いの目的のみに用います。


                      連絡先
                      特定非営利活動法人産学連携学会
                      アンケート事務局(担当:佐藤恭子)
                      sangaku@design.kyushu-u.ac.jp
                      Fax 092-553-9450