―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第184号 <2010.6.7>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

★電気通信大学産学官連携センター第81回研究開発セミナー 開催のご案内★

「植物工場 」
−食料・環境・エネルギーに関わる問題解決を目指して− 2010年7月6日(火)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

電気通信大学産学官連携センター
第81回研究開発セミナー

「植物工場 」
−食料・環境・エネルギーに関わる問題解決を目指して−

日 時:2010年7月6日(火) 13:30〜17:00
場 所:電気通信大学 産学官連携センター4階研修室
http://www.crc.uec.ac.jp/japanese/o_map.htm
主 催:電気通信大学 産学官連携センター
共 催:電気通信大学 産学官連携センター事業協力会
後 援:(社)目黒会(電気通信大学同窓会)
参加費:3,000円(資料代、飲み物代を含む。当日お支払い下さい)
定 員:50名
申し込み締め切り:2010年7月2日(金)
お申し込み、他: http://www.crc.uec.ac.jp/pickup/seminar/081.html
お問い合わせ先:電気通信大学産学官連携センター
〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
TEL: 042-443-5725 FAX: 042-490-5727
E-mail: jimu@crc.uec.ac.jp

植物工場は、第一次産業と第二次産業との業際分野と言えます。
安全、安定な食料の確保が強く求められている現在、植物工場への注目も
日ごとに高まっています。環境、エネルギーの観点から植物工場に寄せら
れる期待も大きいものがあります。またビジネスとしてとらえた場合、工場
システムの設計・建設(その中で使われる機材、部品を含む)、植物工場
野菜の育成、流通、等の事業を挙げることができます。

本セミナーでは、植物工場の総論(全体概要)から各論(工場システム、
野菜育成、流通)について、それぞれの専門家/経営者から、分かりく説明
していただきます。


プログラム
■13:30〜13:40  主催者挨拶
産学官連携支援部門長 唐沢 好男氏
企画者 桑江 良昇 氏
■13:40〜14:25  「人工光型植物工場の課題と将来性」
〜省資源・環境保全的な高品位植物生産システムの構築〜
千葉大学 元学長・名誉教授・客員教授 古在豊樹 氏
■14:25〜15:10   「人工光型植物工場のビジネス展開」
〜商業としての農業〜
株式会社みらい 代表取締役 嶋村 茂治 氏
《休憩》
■15:30〜16:15   「植物工場野菜の育成」
〜安全な野菜を安定供給〜 有限会社アーバンファーム 社長 白尾 格 氏
■16:15〜17:00   「野菜業界の動向と、東京デリカフーズの戦略」
〜付加価値の高い野菜流通を目指して〜
東京デリカフーズ株式会社経営企画室長 有井 雅幸 氏

企画/司会:電気通信大学産学官連携センター特任教授  桑江 良昇氏

以上