―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第182号 <2010.5.28>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

★★★産学連携学会第8回大会(函館)のプログラム決定★★★

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

産学連携学会第8回大会(函館)のプログラムが決まりました。
概要は以下のとおりです。

詳細は 学会ホームページ http://j-sip.org/ から入って大会プログラ
ムにアクセスするか、または直接大会プログラム
http://www.j-sip.org/annual_meeting/8th_2010/program.pdf 
にアクセスして ご覧ください。

万障お繰り合わせの上、第8回大会(函館)に是非ご参加ください。


日時: 2010年6月24日(木)〜2010年6月25日(金)
場 所: ロワジールホテル函館 (JR函館駅 徒歩1分)
〒040-0063 北海道函館市若松町14番10号
TEL:0138-22-0111 FAX:0138-23-0154
URL http://www.loisir-hakodate.com/



■ 大会プログラムの概要 ■


(1)招待講演 A会場 6月24日 10:30〜12:00
「地域とグローバルの融合」
講師 地方独立行政法人北海道立総合研究機構
理事長 丹保 憲仁 氏


(2)シンポジウム A会場 6月24日 15:00〜16:30
「函館地域の産学官連携とグローバル化」
函館の産学官連携は地方版モデルの成功例として注目されるが、その実態は?
標題に掲げるパネル討論から、地方の産学連携における国際展開と今後についても考えます。

コーディネータ 田柳恵美子 (公立はこだて未来大学)
パネリスト 西尾正範 (函館市長)
嵯峨直恒 (北海道大学大学院水産科学研究院院長)
三浦汀介 (函館地域産業振興財団副理事長)
森川基嗣 (函館商工会議所副会頭)
中島秀之 (公立はこだて未来大学学長)
コメンテータ 柳 孝 (文部科学省研究振興局 研究環境・産業連携課長)
谷 明人 (経済産業省産業技術環境局 大学連携推進課長
) 荒磯恒久 (北海道大学産学連携本部副本部長)


(3)一般講演(口頭発表)とオーガナイズドセッション
全国から104件のエントリー発表があります。
これの他に北海道地域を例にした産学官連携の到達点と
発展方向を議論するオーガナイズドセッションも組まれております。


(4)ポスターセッション(ポスター展示と短時間の口頭発表によるフリーセッション)

16件のエントリーがあり、両日とも12:00〜13:00がコアタイムになります。


以上