―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第174号 <2010.2.1>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
――――――――――――――――――――――――――――――――――
★★産学連携イベントのお知らせ★★

 【第2回日本開発工学会ビジネス部会シンポジウム】開催のご案内
 −コーディネート経営の実践とBDCコーデイネーターの役割−

―――――――――――――――――――――――――――――――――
○対象:イノベーションにチャレンジする中小企業経営者と新しいコミュニティを
      目指す産学連携関係者
○主催:日本開発工学会(JDES)
○協力:産学連携学会
○後援:日本電子機器輸入協会
○日時:2010年2月17日(水曜) 13:00〜17:20
○会場:工学院大学(新宿キャンパス)28階 第4会議室
〒163-8677 新宿区西新宿1-24-2 TEL 03-3342-1211(代表)
  JR「新宿駅」下車、西口より徒歩5分
  京王線、小田急線、地下鉄各線「新宿駅」下車、徒歩5分
  都営大江戸線「都庁前駅」下車、徒歩3分
  西武新宿線「西武新宿駅」下車、徒歩10分
   http://www.kogakuin.ac.jp/map/shinjuku/index.html
○参加費:2,000円(学生、会員:1,000円)・・・会場にてお支払
  ○申込締切:2010年2月12日
        事前登録制につき定員になり次第締切り
○問合・申込先:日本開発工学会事務局 office@jpmot.org 
   〒160-0022 新宿区新宿5-9-20 マイエイム渡辺ビル2F 
   TEL:03-3350-8961 FAX:03-3350-9102

☆開催趣旨☆
日本開発工学会では、社会に役立つビジネスの 創造に関するあらゆる事柄の研
究とその応用を 探求しています。その結果、中小企業やベンチヤ ー企業が現下
のグローバル競争に打ち勝って、さ らに発展していくためには、経営戦略として「コ
ー ディネート経営(ネットワーク)」の実践が必要不可 欠と確信するに至りました。
「コーディネート経営」の実践の成功事例は、既に 数多く存在します。その成功要
件の第1は、優れ たコーディネーターの存在です。コーディネーター には、多様な
能力が求められます。従って、優れ たコーディネーターの育成が急務になります。
当学会では、鋭意「ビジネスディベロップメントコー ディネーター(BDC)」の育成を
行っています。 また、その成功要件の第2は、ネットワークに参加 するメンバーが、
高い目的意識とスキルを保有し ていることが条件です。参加する企業には、独自の
技術がなければなりません。強みを持った企業 同士が連携することで、はじめてコ
ーディネート経営が成立するのです。当学会では、これらメンバ ーの結集を図ってい
ます。 今回のシンポジウムでは、コーディネート経営の 顧客ニーズへの迅速対応や
オープンイノベーショ ンへの組織的対応を考慮して、基調講演を藤末 健三民主党
参議院議員、関東産業局の古谷和則氏、 中小企業基盤機構の柳沢 剛氏、「コー
ディネート 経営」を実践している企業経営者並びにそれを支 援しているBDCの役割
について発表します。
多数の方々のご来場を心からお待ちしています。

**********************プログラム***********************
12:00〜13:00  受 付
13:00〜14:00  基調講演1 
  「イノベーションにチャレンジする中小企業の支援政策について」 
  藤末健三(民主党参議院議員 当会理事)
14:00〜14:25  基調講演2 
  「新連携の概要とポイント」
  古谷和則(経済産業省関東産業局 地域経済部 新規事業課 調整係長)
14:25〜15:00  基調講演3 
  「新連携における、PMコーディネーターの役割と認定事業」
  柳沢 剛(独立行政法人中小企業基盤整備機構関東支部 新連携支援
  チーフプロジェクトマネージャー、横浜市立大学国際総合学部非常勤講師)
15:00〜15:10  休 息 
15:10〜15:30  「JDES−BDC制度について」
  小泉智善(システム共同開発株式会社 代表取締役・ビジネス部会副会長) 
15:30〜15:55  コーディネート経営事例1
  「MovAd Japanのコーディネート経営実践事例〜モバイル革命を目指して」
  中村政史(株式会社MovAd Japan(モバドジャパン)代表取締役)
             http://www.movad.jp/
15:55〜16:20  コーディネート実践事例2  
  「ラポールシステムのコーディネート経営実践事例」  
  山蔦貞雄(株式会社ラポールシステム代表取締役)
             http://lapole.co.jp/
16:20〜16:45  コーディネート実践事例3 
  「ナバのコーディネート経営実践事例〜農商工連携における共創例」  
  高田容冶(株式会社ナバ 代表取締役)
             http://www.venture-web.or.jp/naba/
16:45〜17:20  ファシリテイター 中上崇(会長)とパネラー柳田、
                       中村泰宏による パネルデイスカション
17:30〜       名刺交換及び懇親会
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[問い合わせ先] [参加申込み先]
 日本開発工学会(日本学術会議協力学術研究団体)事務局  
       E-mail :  office@jpmot.org
 〒160-0022東京都新宿区新宿5−9−20マイエイム渡辺ビル
 TEL 03-3350-8961   FAX 03-3350-9102
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 以上