―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第166号 <2009.11.9>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(j-sangaku@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
――――――――――――――――――――――――――――――――――
★★産学連携イベントのお知らせ★★

 【電気通信大学産学官連携センター 第78回研究開発セミナー
 「太陽電池 」−究極のエネルギー・環境技術−】開催のご案内
―――――――――――――――――――――――――――――――――

皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、電気通信大学産学官連携センターでは以下のようなセミナーを企画 いたしました。
皆様のご参加をお待ちいたしております。
同僚の方、後輩の方々やご関係者へ広くお知らせ頂ければ幸いです。


◆電気通信大学産学官連携センター 第78回研究開発セミナー◆
 「太陽電池 」−究極のエネルギー・環境技術−
 ○日程: 2009年12月3日(木) 13:30〜17:0

 ○研修概要:    地球温暖化対策は世界各国が協力して取り組まなければならない喫緊の課題
  である。    わが国も、鳩山首相が2009年9月22日の国連気候変動首脳会合で、温
  室効果ガス削減の中期目標について、主要国の参加による「意欲的な目標の合
  意」を前提に「1990年比で2020年までに25%削減を目指す」と述べ、
  積極的な姿勢を示した。    この達成には、省エネルギー・新エネルギーの双方において極めて高いレベ
  ルの努力が必要である。新エネルギーの切り札が太陽電池である。今回は、こ
  れについて、全体概要、基礎研究、実用化および普及に関して、それぞれの分

  野を代表する専門家が、最新の状況を紹介する。


 ○対象:一般技術者

 ○主催:電気通信大学 産学官連携センター産学官連携支援部門

 ○協力:電気通信大学産学官連携センター事業協力会

 ○後援:産学連携学会、(社)目黒会(電気通信大学同窓会)

 ○会場:電気通信大学 産学官連携センター4階研修室

 ○参加費:3,000円(資料代、飲み物代を含む。当日お支払い下さい)

 ○申込締切:2009年11月27日(金)

 ○お問い合わせ先:電気通信大学産学官連携センター
    E-mail: jimu@crc.uec.ac.jp
    〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
    TEL: 042-443-5725 FAX: 042-490-5727


**********************プログラム***********************
13:30〜13:40 ご挨拶
  電気通信大学 産学官連携センター 産学官連携支援部門長 下条誠 氏

13:40〜14:25 「太陽光発電技術新ロードマップ『PV2030+』と超長期俯瞰
        〜21世紀世界基幹エネルギーへ向けて〜」
  東京工業大学 統合研究院(ソリューション研究機構)特任教授 黒川浩助氏

14:25〜15:10 「各種太陽電池の技術動向
        〜ビジネスチャンスがここにある〜」
  産業技術総合研究所 太陽光発電研究センター産業化戦略チーム チーム長 増田淳 氏
        休 憩

15:30〜16:15 「多結晶シリコン太陽電池の実用化技術開発
        〜高効率化の限界は?〜」
  三菱電機株式会社 中津川製作所 太陽光発電システム部 部長有本 智 氏

16:15〜17:00 「巨大産業になるかもしれない太陽光発電ビジネス
        〜世界の累積設置量2000GWを目指して〜」
  一般社団法人太陽光発電協会 シニアアドバイザー小西 正暉 氏

 企画/司会 電気通信大学 産学官連携センター特任教授 桑江 良昇 氏
     ((株)東芝 セミコンダクター社)


●詳細な研修案内・参加申込書等はこちら
 http://www.crc.uec.ac.jp/japanese/78th.htm

以上