―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第151号 <2009.6.15>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,h19-news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(h19-office@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

 京都会議でのワークショップおよび分科会のご案内
1)京都会議でワークショップを開催します

 産学連携学会主催の第8回産学官連携推進会議 ワークショップ
 −産学官連携を通した社会貢献に従事する若手人材が望むもの−

2)京都会議の分科会VIで本学会員の山形大学小野浩幸先生が
  パネリストを務めます
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――

1) 京都会議でワークショップを開催します

 産学連携学会主催の第8回産学官連携推進会議 ワークショップ
  −産学官連携を通した社会貢献に従事する若手人材が望むもの−
                        会長 佐竹 弘

 毎年恒例となりました「産学官連携推進会議」も8回を数えました。
その間に産学官連携を取り巻く環境も変化するとともに、産学官連携
に従事する若手人材増加してきております。そこで、初日の昼休憩時
間に、産学連携学会として通算3回目となるワーショップ「産学官連
携を通した社会貢献に従事する若手人材が望むもの」を開催します。
会員の皆様もぜひご出席下さい。

 日時:平成21年6月20日(土)12:00〜13:30
 場所: 国立京都国際会館 本館会議場 Room C-1
 (京都市左京区宝ヶ池 電話:075‐705‐1234)

 産学官連携が一般社会に浸透しつつあるなか、産学官連携を通した
社会貢献の舞台における若い人材の活躍が期待されている。そして、
この期待に応えようとする産学官連携業務に従事する若い人たちが増
えてきている。産学官連携が生み出す社会貢献の範囲は、一つの定義
に収めることができないほど広がりつつあり、展開される活動の幅も
拡大してきている。また、それを担う人材も多種多様な立場で活動し
ている。このような背景を受け、「産学連携とは?」、「産学連携従
事者の成果・実績とは?」、「進むべきキャリアは?」などの基本的
な問いも浮かび上がっており、産学官連携における多くの根深い問題
が認識されつつある。

 そのような中で、次代を担う若手人材においては、実務上でのノウ
ハウやスキル向上への道は手探りとなっており、さらには明確な形で
のキャリアパス形成がなされていないなどの現状がある。
 今回のワークショップでは、大学の立場で産学官連携に携わる若手
人材から、将来の産学官連携を通した社会貢献に向けた現状と課題を
以下3つの視点から明確化し、議論します。
 @産学官連携業務における実務上のスキル向上に向けた取り組み
 A多種多様な視点から展開する産学官連携業務
 B産学官連携活動の発展的推進に向けたキャリア形成


【プログラム】

1.会長挨拶   佐竹  弘(徳島大学)

2.趣旨説明   内島 典子(北見工業大学)

3.産学官連携活動に従事する若手人材からのメッセージ
◆「私が築く産学官連携」に向けた挑戦
  堀田大介(北海道大学)
◆私達相互の成長を目指した産学官連携スキル向上の場の形成
  都甲吏恵(学校法人日本医科大学)
◆多種多様な視点から展開・拡大する産学官連携活動
  内島典子(北見工業大学)
◆産学官連携活動の発展的推進に向けたキャリア形成
  川名優孝(東京海洋大学)



2)京都会議の分科会VIで本学会員の山形大学小野浩幸先生がパネ
  リストを務めます

 日時:平成21年6月20日(土) 13:30〜15:15
 場所: 国立京都国際会館(Room Noは当日確認して下さい) 
 (京都市左京区宝ヶ池 電話:075‐705‐1234)

分科会VI.「地域の産学官連携活動を支える基盤の整備」
 地域発イノベーション・システムの強化を図り、科学技術駆動型の
地域経済活性化を実現するためには、地域の特色を活かした産学官の
協働を推進することが必要である。本分科会では、これまでの各地域
における活動の実績を振り返りつつ、産・学・官が自由に各種活動を
行うことができ、大学等から生まれた研究成果の地域企業による活用
や産学官共同研究など、地域の産学官連携活動を支える基盤の整備に
よる、地域の産学官の協働について討議を行う。
 
主査
松島克守 東京大学大学院
     工学系研究科イノベーション政策研究センター教授

キーノートスピーカー
榊原 裕二 (独)科学技術振興機構 審議役

パネリスト
近藤 裕郷 塩野義製薬(株) 執行役員 医薬研究本部長
志茂  武 (株)ケイエスピー 元取締役
田中 健一 三菱電機(株)先端技術総合研究所 副所長
江刺 正喜 東北大学 原子分子材料科学高等研究機構
(WPI-AIMR)教授
小野 浩幸 山形大学 地域共同研究センター長
 
以上