―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第0147号 <2009.5.13>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,h19-news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(h19-office@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

  「産学連携学会・認定講習 (第2期) 第2回」
       〜5月16日(土)開催のご案内〜

―――――――――――――――――――――――――――――――――

  「産学連携学会・認定講習 (第2期) 第2回」
       〜5月16日(土)開催のご案内〜

 産学連携学会では、産学連携に携わる人々(コーディネータ等)の社会的
地位の向上を目的として、認定講習を行ってきました。
第1期の認定講習を2006年度から2007年度にかけて行いました。
 2007年は3月から7月にかけて、大講座4・中講座5を組み合わせて
3日に分けて行いました。
主な会場は文部科学省ビルと学術情報センターで、いずれも東京でした。

 第2期の認定講習は、2008年度から2009年度に跨り、主として東京
以外の会場での開催を予定しており、九州地方では九州支部が実施組織
として第1回を開催したのに引き続き、北海道地方では近時設立予定の
北海道支部が実施組織として、第2回を下記のように開催します。

◆開催案内

 ●日時:2009年5月16日(土)13:00〜17:00

 ●場所:北海道大学 創成科学研究棟 5F大会議室
      http://j-sip.org/pdf/090516nintei-chizu.pdf

 ●会費:受講者は講習料として3,000円。

 ●主催 NPO法人 産学連携学会

 ●共催:北海道大学 産学連携本部
     北海道中小企業家同友会 産学官連携研究会HoPE

-----------開催プログラム------------


【 主催者挨拶 】
   荒磯恒久 北海道大学教授 [第2代産学連携学会長]

【 第1講座 】
   産学連携・知的財産原論−産学連携と知の生産
      湯本長伯  九州大学教授 [初代産学連携学会長]
(現在社会における知の生産と消費の状況を下敷きに、産学連携と
その成果たる知的財産について講じる。また理論を踏まえて、特に
中小企業がどのように産学連携に取り組むべきか講習する)

【 第2講座 】
   産学連携と地域イノベーション
     荒磯恒久  北海道大学教授 [第2代産学連携学会長]
(産学官連携による、北海道地域イノベーションについて、実例を踏
まえて考察する)

【 第3講座 】
   恵庭リサーチパークの挑戦
     湊 孝康  恵庭リサーチパーク社長
(株式会社として採算を取りながら、インキュベーションスペースと
して様々なベンチャーを育てている、恵庭リサーチパークの成功事例を
紹介し、考察する。)

【 第4講座 】
   地域連携システムの構築
     内島典子  北見工業大学産学官連携コーディネータ
               [産学連携学会・事業委員会委員]
(北見工業大学を核としながら、北見地域での地域連携システムを構
築して来た経験から、事例を踏まえて考察し、今後の展開についても
述べる)

【 レポート課題作成 】
 (課題提出は、講習受講認定のためのエビデンスとなります)

----------------------------

 ●申込先・問合せ先:
 北海道大学 産学連携本部 事業化推進部
 城野 理佳子(きの りかこ)
 TEL:011−706−9559

以上