―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第0138号 <2009.2.20>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,h19-news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(h19-office@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――

 和歌山大学 地域共同研究センターフォーラム
「地域振興と情報技術―観光を通じて―」開催のお知らせ

―――――――――――――――――――――――――――――――――

和歌山大学 地域共同研究センターフォーラム
「地域振興と情報技術―観光を通じて―」


■趣旨     
全国で観光による地域振興への取り組みが活発になっています。和歌山県
内においても産学官によるいくつかの試みが実施されています。本シンポ
ジウムはICT技術を用いた地域活性化をテーマに、先行的な事例に学び、
地産業とICT事業者のネットワーク形成について参加者の皆様と共に考
えたいと思います。

■日時     2009年3月2日(月)14:00〜17:10

■会場     和歌山大学地域共同研究センター1階多目的研究室

※参加費無料

■プログラム

1.開会挨拶
   小田 章(和歌山大学 学長)

2.趣旨説明 (14:10-14:15)
   湯崎 真梨子(和歌山大学 文部科学省産学官連携コーディネーター)

3.基調講演1 (14:15-14:50)
  「地域振興戦略としての情報化の課題―InfoBuzzの理念と活動」
   関口 恭毅(関口情報経営研究所 代表,北海道大学名誉教授)
 

  基調講演2 (14:50-15:25)
  「Q旅プロジェクトとIT企業の役割」
   枝並 誠治(コぺル株式会社 代表取締役)

  質疑応答 (15:25-15:35)

********************* 休憩 ***********************

4.パネルディスカッション (15:45-16:35)
「情報技術と地域振興支援 ―観光を通じて― 」

<パネリスト>
関口 恭毅 (関口情報経営研究所 代表,北海道大学名誉教授)
枝並 誠治 (コぺル株式会社 代表取締役)
田中 豪  (和歌山大学観光学部 地域再生学科 教授)
江種 伸之 (和歌山大学システム工学部 環境システム学科 准教授)
竹林 浩志 (和歌山大学観光学部 観光経営学科 准教授)

<コーディネーター>
湯崎 真梨子 

5.ゲストコメント (16:35-16:55)
   和歌 哲也(和歌山県商工観光労働部観光局観光振興課 課長)

6.閉会挨拶
   桶矢 成智(和歌山大学地域共同研究センター センター長)

(以上,敬称略)

■参加申込と情報交換会について
事前申し込みが必要となります.参加申込書,および閉会後の情報
交換会等詳細については以下のウェブサイトをご覧下さい.
------------------------------------------------------------
★「地域振興と情報技術―観光を通じて―」開催のご案内
------------------------------------------------------------
http://www.wakayama-u.ac.jp/kikaku/chiiki/index2.html

■主催
和歌山大学地域共同研究センター

■お問い合わせ
電話:073-457-7552(和歌山大学地域共同研究センター)

----------
以上