―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第0113号 <2008.07.02>

当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(h19-news@j-sip.org)までお寄せください。
バックナンバー:http://j-sip.org/mail_news.htm


[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 ★★産学連携イベントのお知らせ★★

「全国若手産学官連携実務者勉強会」へのお誘い
―――――――――――――――――――――――――――――――――

★★産学連携イベントのお知らせ★★
北見工業大学地域共同研究センター 産学官連携コーディネータ 
内島典子氏より、下記会合についてご案内をいただきましたので、
皆様にご紹介致します。


               記

平成20年 6月25日
産学官連携実務者各位

                 北見工業大学 地域共同研究センター
                 産学官連携コーディネータ
                 内島 典子


「全国若手産学官連携実務者勉強会」へのお誘い

 時下、ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。

 さて、産学官連携推進会議も7回目を迎えましたが、各機関で産学官連携
の実績等が増え、同時にいろいろな事例も蓄積されていることと思います。
 産学官連携に関与する実務者、特に若手と呼ばれる産学官連携に従事し、
まだ年月の浅い方々にとっては、それぞれが抱えている課題は千差万別かと
思われます。またそのような中、産学官連携実務者の養成・育成やスキルアッ
プに対する需要は大きく、現在活動している若手実務者に対しても日々の業
務の中での成長に大きな期待が持たれています。

 このたびこのような背景から、広く全国の若手産学官連携実務者に声を掛
け、「実務的な立場で活動を行っている若手が集い、各課題解決に向けた勉
強を行なう会」をスタートさせることといたしました。今回は、各機関にお
ける産学官連携の現状の報告と、実務にて困っている事例等について率直な
意見交換を行い、具体的な課題解決のための継続的な勉強会実施に向けた議
論ができればと考えております。

 お忙しいこととは存じますが、教員、事務員、コーディネータなど色々な
立場にある多くの若手実務者有志にご参加いただきたく、よろしくお願い申
し上げます。

                記

 日 時 : 平成20年7月25日(金)16:00〜18:00
 場 所 : 日本医科大学 橘桜会館 1階 第1会議室
       (東京都文京区向丘2-20-7)
 参加費 : 無 料(定員20名程度)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 勉強会アジェンダ:

  16:00〜16:10 @勉強会の内容について趣旨説明
  北見工業大学 地域共同研究センター 内島 典子

  16:10〜17:30 A話題提供&ディスカッション
  実務者が日々の業務の中で生じている課題(悩み)を共有化し、解決へ
  の道筋を探る。
  ・今回の話題
   「共同研究マネジメント〜何処まで関与していくべきか?〜」
    (学)日本医科大学 知的財産・ベンチャー育成(TLO)センター
                             都甲 吏恵

  ・参加者全体議論

  17:30〜17:50 B今後の勉強会の方向性について
  ・参加者全体議論

  17:50〜18:00 C知的財産・ベンチャー育成(TLO)センター 見学
 
  なお、勉強会の終了後、意見交換会を開催する予定です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【 申込について 】
参加希望者は所属機関、お名前、ご連絡先を明記のうえ7月15日(火)ま
でに、下記、問い合わせ先までご連絡ください。

【 申込・本件に関する問い合わせ先 】
●国立大学法人 北見工業大学 地域共同研究センター
   内島 典子
 TEL:0157−26−4168 E-mai uchijima@crc.kitami-it.ac.jp
●学校法人 日本医科大学 知的財産・ベンチャー育成(TLO)センター
   都甲 吏恵
 TEL:03−5802−8724 E-mail toko@nms.ac.jp

以上