――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第0097号 <2007.12.18>
 
当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,産学連携学会事務局
(h19-news@j-sip.org )までお寄せください。


[[[[ ヘッドライン ]]]]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


(再送)学会誌「産学連携学」・原稿募集のご案内

                    産学連携学会 学術委員会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


(再送)学会誌「産学連携学」・原稿募集のご案内

                    産学連携学会 学術委員会

 当学会の学術雑誌「産学連携学」第7号(平成20年春発行予定、第4巻第
2号)は、特集号の刊行を企画しています。題して、「イノベーションシステ
ムを支える中小企業の産学連携」。

 この特集の目的は、つぎの2点です。
1)各地の中小企業様が取組む産学連携に対して、当学会会員の皆様の関心を
  高めたい。
2)中小企業で行われる産学連携に関する調査・研究と、推進活動の促進に貢
  献したい。

 そして、この特集号では、(1)中小企業の産学連携に関する政策,
(2)調査研究,(3)(各地域での)推進活動を解説した原稿や関連する投稿
論文を集めて掲載する予定です。

 そこで、中小企業と大学などとの産学連携に関して、
  ・地域の中小企業と大学との連携で実用化した事例の紹介や解析
  ・地域の産学連携活動の特徴
  ・中小企業と大学との連携を促進する大学の取り組み
など、地域の事例をご紹介いただける原稿を募集します。

 投稿される方は、「産学連携学会」投稿規定に従い、当学会まで投稿下さる
ようにお願いします。

【投稿規定や執筆要領】:http://j-sip.org/jjsip.htm

【特集号原稿締め切り】: 平成20年1月31日必着

【その他】
 ・特集号ですが、通常と同様に「査読」を経ます。
 ・査読などの状況により、第7号学会誌への掲載に間に合わない場合もあり
  ますので、予めご了承下さい。
 →その場合は、第8号学会誌(平成20年秋発行予定、第5巻第1号)に掲
  載させていただきます。
 ・本特集号への「査読無し」の「寄稿」などをご希望の方は、学術委員会ま
  でご相談ください。
 「寄稿」の場合、新規性や論文としての完成度などは問いませんが、特集号
  への掲載にふさわしい内容か否かを審査いたします。

【問い合わせ先】
 学術委員会担当:山口佳和,北村寿宏
  〒170-0013 東京都豊島区東池袋4−23−17−6F
  産学連携学会東京事務局 (学術委員会宛)
  電話番号:03−5953−8575
  E-mail  :h19-office@j-sip.org