―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 産学連携学会メールニュース
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■    J-SIP Mail
■■■■■ ―――――――――――――
■■■■■■■■■■■■ 発行:産学連携学会(編集WG)
 第0077号 <2007.8.1>
 
当メールニュースではイベントのお知らせや公募情報等,
産学連携に関する情報をお流しいたします。
会員の皆様への情報の配信をご希望の方は,news@j-sip.org
あるいは産学連携学会事務局(h19-office@j-sip.org)までお寄せください。

[[[[ ヘッドライン ]]]]
―――――――――――――――――――――――――――――――――
1. 第3期 新会長就任挨拶

               産学連携学会  会長    佐竹 弘
―――――――――――――――――――――――――――――――――


       ごあいさつ

                  産学連携学会 会長  佐竹 弘

 この度、第3期産学連携学会の会長を仰せ付かり、大変光栄と共に、大き
な責任を感じております。本学会の設立にご尽力された湯本元会長、荒磯
前会長、産学連携学会に熱い思いの多くの方々の意思を汲み、微力ではあ
りますが、本学会の益々の発展に貢献いたします。

 産学連携学会も5年目を迎え、会員間の連携も進み、年ごとに多くの会員
による研究発表が行われ、日本における産学連携活動状況や産学連携の学
問的体系も確立されつつある状況になってきております。更なる、学会の
発展に、会員の皆様方に産学連携学や会員の産学連携活動を自由に討論す
る場や環境を提供し、日本の産学連携の発展に尽くしてまいります。

今期の目標として、
@産学連携学会の組織と活動の強化、
A産学連携学の確立、
B地方活動強化に向けた支部設立、
C地域の産学連携部門と連携した学会活動活性化、
D研究会活動の強化 など
を掲げ、活発な活動を進めてまいります。

 これらの目標達成には、会員皆様のご協力とご理解が必要不可欠であり、
会員皆様方の活発な活動こそが本会を発展させ、本学会が揺るぎない社会的
地位を獲得するものと考えています。

 今期学会の運営等を中心となって活動していただける第3期役員および委
員の方々をご紹介させていただきます。体制構築には、組織を簡素化し、実
務的活動を重視しております。学会運営では、学会の重要案件は、理事会、
総会によりますが、実質的運営を会長、副会長を軸として行い、学会活動で
は委員会を中心とした体制で進めることとしております。

 本学会の中核となる運営組織、委員会、学会支援者を下記にご紹介いたし
ます。

 実務的活動を立案・立案し、実施していただく委員会には、1)学術委員
会、2)総務委員会、3)事業委員会、4)学問体系設計委員会および出版
委員会を設置しました。また、学会の運営に直接参加しませんが、支援者、
相談役として、学会顧問を新設し、さらなる学会の発展にご尽力をいただく
こととしました。さらに、学会への幅広いご意見をお伺いし、運営に反映さ
せるため、会長の諮問機関として会長顧問を今期期間中設置することとしま
した。

 以上のような体制で今期学会を運営させていただきます。
 会員皆様方のご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。




第3期産学連携学会運営組織

1)運営組織

会 長 佐竹弘(徳島大学)

副会長 伊藤正実(大分大学 )、藤原貴典(岡山大学)、
    長平彰夫(東北大学)、山口佳和(千葉工業大学)
    
理 事 足立和成(山形大学)、伊藤正実(大分大学)、
    河崎昌之(和歌山大学)、川崎一正(新潟大学 )、
    佐竹弘 (徳島大学)、佐藤三郎(佐賀大学)、
    田口幹(電気通信大学)、長平彰夫(東北大学)、
    林聖子(日本立地センター)、藤原貴典(岡山大学)、
    山口佳和(千葉工業大学)、山田泰完(早稲田大学)


2)委員会
学術委員会:◎山口佳和(千葉工業大学)、荒磯恒久(北海道大学)、
      北村寿宏(島根大学)、桑江良昇(東芝)
      
総務委員会:◎田口幹(電気通信大学)、生駒良雄(徳島大学)、
      小金民造(元横浜国大学)、矢野照久(徳島大学)、
      矢島治夫(工学院大学)
      
事業委員会:(広報グループリーダー):◎藤原貴典(岡山大学)

(大会担当、支部・研究会Gr):○川ア一正(新潟大学)
(広報Gr):河崎昌之(和歌山大学)、佐藤三郎(佐賀大学)、
      内島典子(北見工業大学)
(支部・研究会Gr):丹生晃隆(島根大学)、松岡浩仁(信州大学)

学問体系設計委員会:◎佐竹弘(徳島大学)、荒磯恒久(北海道大学)、
      湯本長伯(九州大学)、伊藤正実(大分大学)、
      澤田芳郎(京都大学)、長平彰夫(東北大学)、
      山口佳和(千葉工大学)
      
出版委員会:◎長平彰夫(東北大学)、山本一枝(ウェザーコック)、
      山田泰完(早稲田大学)
      
監 事  :大塚誠(桜美林大学)、菅原洋一(三重大学)

事務局長 :矢野照久(徳島大学)


3)学会支援者
学会顧問 :湯本長伯(九州大学)、荒磯恒久(北海道大学)

顧問税理士:土屋清人(税理士)

会長顧問 :上田昇(徳島大学)、出口俊一(DNA)、平尾敏(野村證券)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
委員会(学会活動の企画・立案)

1)学術委員会:産学連携学会誌の編集・発行

2)総務委員会:学会の経理、HPの管理、会員の管理的業務、事業委員会で
 開催される事業のサポート、学問体系設計委員会で開催する講習会のサポ
 ート、メーリングリスト、メールニュース登録者の管理、各種団体との折
 衝、学会が関与できる各種サービスのニーズの探索と企画・立案

3)事業委員会:大会開催地の責任者との折衝、広報、支部・研究会の
 立ち上げ
 
4)学問体系設計委員会:学問体系の構築、産学連携講習会(認定講習会)
 の企画と開催
 
5)出版委員会:産学連携学等学問体系の確立や普及に向けた出版活動


学会支援者(学会活動には直接関与しないが、学会の円滑な運営・
 発展の協力者)
 
1)学会顧問:学会会長経験者、あるいは学会の活動に功労あった人物と
 して推薦。学会の諸活動に対する諮問
 
2)会長顧問:学会活動の諮問